不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

不用品回収は即日でもOK?当日すぐに処分したいときの方法とは

引越しや大掃除をはじめ、不用品の処分は日常のあらゆる場面で生じます。
特に、「突然の転勤」や「賃貸物件の退去」などで不用品を早く処分したい場合は、不用品回収業者への依頼が最も適切な方法です。問い合わせ後の即日見積りや回収に対応している業者は多く、困ったときすぐに駆けつけてくれる頼りになる存在です。

そうは言うものの、「即日回収は高額な費用を請求されるのではないだろうか」「依頼してすぐに来てくれる業者は却って怪しくないだろうか」などの疑問や不信感が募るのも想像に難くありません。

そこで、このページでは即日回収を依頼する場合に気を付けておきたいこと、処分を依頼する回収業者の選び方についてご紹介いたします。

1.不用品の即日回収って依頼できるの?

「自治体の回収は日数がかかるし、リサイクルセンターにも持ち込めない……」
不用品を急いで処分したいとき、一体どうすればいいのか慌ててしまいがちですが、
即日回収を希望する場合は不用品回収業者に依頼をしましょう。

特に、以下のような場合は不用品回収業者を利用するのが最適です。

・引越しやリフォームなどで大量に不用品が出る
・一度に大量の不用品を処分したい
・少量だけど重くて自分で運べない
・事務所や店舗の閉鎖
・マンションやアパートの住居人が家具や自転車などを放置して退去した

日常のあらゆる場面で不用品は発生します。上記以外にも家電製品が突然壊れて買い替えが必要なときや、両親が亡くなり賃貸物件の遺品を整理したいというように、処分する理由は人によってさまざまです。

現在は多様化したライフスタイルに合わせて、即日回収はもちろん、仕事から帰宅してからの夜間回収や出勤前の早朝回収など依頼主の都合に合わせて回収してくれる不用品回収業者がほとんどです。さらには家具や家電製品などの粗大ゴミと金属製品やガラスなどの不燃ゴミ、店舗や事務所の事業系ゴミなどさまざまな種類の不用品・粗大ゴミをまとめて回収してもらえるので面倒なゴミの分別作業をする必要がなく、不用品の処分に無駄なストレスがかからないことも利用者にとって大きなメリットとなります。

不用品は前もって発生するとわかっているケースと、突然発生するケースのどちらかに区分されます。
不用品の回収でまず思いつくのは、居住している市区町村の自治体で行っている回収だと思います。
しかし、自治体の回収は少なくとも一週間前に申し込みが必要なため急いで処分したい場合には適していません。さらに、重くて搬出しにくい不用品も指定場所まで運ぶ必要があり、不用品の種類によっては回収の対象外になることもあります。

そのため、最近は即日回収と事前の予約回収どちらにも対応している不用品回収業社を利用する人が増えていますが、安易に依頼する業者を選ぶとトラブルの元になりかねません。

安心して不用品を処分するためにも、不用品回収業者を選定する際のポイントをしっかり押さえておきましょう。

2.不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶ前にまず、どのような回収業者が存在するかを知る必要があります。

回収業者を選ぶ方法は主に次の3つです。

①自宅に投函されるポスティングチラシ
②無料回収の案内を流しながら走行している軽トラック
③インターネット上のホームページ

結論から言うと、③から不用品回収業者を検索して選定すべきです。
①の場合は広告料金を注ぎ込んでいるため、回収費用を割高に設定している傾向があります。
②は廃棄物処理業の認可を受けていない場合があります。不用品を違法に回収するだけでなく、必要な部品を抜き取ってから不要物を不法投棄したり、不適切なスクラップ処理を行ったりするケースも報告されているのです。①②ともに全ての業者に当てはまるわけではありませんが、利用者には見極めが難しいため依頼する場合は十分に注意が必要です。
③の場合は、スマートフォンやパソコンで検索ワード「不用品回収」「即日対応」「回収を依頼する地域名」を入力して検索すると、数社がヒットすると思います。しかし、検索結果に広告マークが付いている不用品回収業者は広告料金を払って掲載しているため、割高な料金設定をしているところも存在しますので注意してください。

3.インターネットで不用品回収業者を選定する場合のポイント

インターネットで検索して複数の不用品回収業者が出てきたら、その中から依頼候補を選定しなければなりません。
当日の回収を希望しているならば「即日回収」は絶対に外せない条件ですが、選ぶ際に基準となるポイントがいくつかありますので、必ず押さえておきましょう。

①料金体系がわかりやすい
ホームページ上に即日回収の特別料金や回収後の追加料金が発生しないと明確に掲載されているかどうか必ず確認しましょう。

②買取などのサービスが充実している
買取サービスを実施しているところは、回収費用を抑えながらお得に不用品の処分ができます。

③所在地が明確で実在していること
回収業者だけに当てはまらず、ホームページがあるだけで実体のない企業はかなり存在しています。会社の所在地、さらには外観の写真が掲載されていて実在確認ができるところを選ぶのが無難です。

④お客様の声や口コミをチェックする
ホームページ上のお客様の声や外部の口コミサイトなどにも目を通して信用できる業者かどうか見極めましょう。利用者の満足度が低い不用品回収業者は依頼を避けるべきです。

単純に「安い」「早い」という宣伝文句だけで選んでしまうとぞんざいな対応をされてしまうこともありますし、回収後に必要なパーツだけを抜き取りそれ以外は不法投棄するような不適切な処理行為をする業者も存在するため、上記のポイントを踏まえて、安心して任せられる回収業者に依頼しましょう。

4.引越し当日に出たゴミほどう処分すればいい?

充実したサービスを提供している業者は顧客をよく理解している

引越しをする場合、当日までに少しずつ不用品・粗大ゴミを自分で処分することもできますが、当日にも生ゴミなどの生活ゴミや粗大ゴミはどうしても出てしまいます。(皆さんの中にも経験をされた方はいらっしゃると思います。)
そのまま放置できませんし、新居まで持っていくか、生活ゴミは近所の方に事前にお願いしておくか方法がないわけではありません。しかし、不用品回収業者の中には引越しのように、不用品を処分するさまざまな状況に対応できるサービスを提供している会社もあります。つまり、引越しサービスを提供している不用品回収業者に作業を依頼すれば、その他の不用品・粗大ゴミと一緒に生ゴミの処分も問題なく請け負ってもらえます。
さらに、事前に不用品・粗大ゴミを処分しなくても引越し作業と併せて回収してもらえるため、急な引越しや転勤の場合にも非常に便利で最適です。

また、買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼すれば回収費を抑えることができたり、不用品によっては買取金額が回収費を上回り不用品の処分で臨時収入を得られたりするケースもあります。

このように引越しや買取サービス以外にもハウスクリーニングやリフォーム、不動産の解体作業、遺品整理・生前整理など不用品が発生する状況に回収と併せて対応してくれる不用品回収業者は、依頼者の立場になって真摯に考えているからこそサービスを充実させています。そのような業者は依頼者の事情や心情を十分汲み取り、不用品の処分に関する悩みや相談に的確に対応してくれると考えられます。

不用品回収業者が行っているサービス(一例)
・不用品の買取
・引越し
・ハウスクリーニング
・リフォーム
・解体作業
・不動産売却
・遺品整理、生前整理

5.当日に処分するその他の方法

不用品回収業者に依頼する以外に、不用品が少量の場合に自分で処分できる方法をいくつか紹介します。

①自治体の処理施設へ持ち込む
②リサイクルショップに売る
③書籍類やCD・DVD、ゲームソフトなどは古本ショップなどへ売る
④友人や近所の方に譲る

①の場合は車を所有していなければ難しいかもしれません。不用品の量やサイズ次第では軽自動車で運搬できないこともあります。また、自治体によっては持ち込みの事前申し込みを必要とする場合があるため、調べておかなければなりません。
②③はお金に換えることができるというメリットがありますが、お店に持ち込む前に査定を考慮して汚れを落とすなど少し手を加えておきたいところです。中には買い取ってもらえないものもあるため、引き取り可能か事前に確認してから持ち込むのが無難です。
④は大切に使ってもらえそうなので気持ち良く処分できますが、①と同じように量やサイズ次第では運ぶだけでもかなりの大仕事になる可能性も。さらに、急すぎて「今日は無理!」と断られてしまうことも考えられます。

いずれも「今日中に処分したい」場合に適していますが、ご自身のスケジュールや体力と相談しながらベストな方法を選択してください。

まとめ

即日回収に対応している業者は多く存在します。中には早朝や夜間など依頼主の都合に合わせて回収に来てくれる業者もあります。ネットで検索すると多くの業者が表示されますが、口コミや料金体系、買取などの充実したサービスの提供をもとに依頼先を選別し、問い合わせ・見積り時のスタッフの応対や見積り金額などを総合的に判断して適切な回収業者に処分を依頼するようにしましょう。