不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

粗大ゴミの回収はインターネットで申し込み!業者への依頼もサイトから!

粗大ゴミの回収は電話や品物の説明などとさまざまなステップを踏む必要があり面倒なものです。しかし最近ではネット社会の発達により、粗大ゴミの回収依頼もインターネットから申し込めます。

しかし、そんな便利なシステムも「インターネットは苦手」「使い方が良く分からない」と考えて利用をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はそんなパソコン初心者の方でも簡単に申し込めるよう、紹介していきます!

1.なぜインターネットが便利なの?

まず初めに粗大ゴミ回収依頼の方法でインターネットがなぜ便利なのかを、メリットとデメリットを踏まえて紹介します。

粗大ゴミ回収の依頼方法は大きく分けて

・電話
・訪問
・インターネット


の以上3種です。それぞれ詳しく説明すると、

・電話
一番ポピュラーな方法です。電話越しに品物の状態や個数を伝えるだけで誰でも簡単に依頼ができます。また、疑問点がその場で聞ける点もメリットです。
しかし、電話回線が混雑していると電話はつながらず依頼ができないというデメリットがあり、深夜や土日祝日は対応してくれないので日中に仕事をしている方が申し込むのは困難です。

メリット
通話なので簡単。
質問や疑問を聞きやすい。
デメリット
つながらない場合がある。
営業時間が短く、連絡が取りづらい。

・訪問
近所のリサイクルセンターまで持っていき、回収してもらう方法です。収集・運搬料がかからないため安く済ませることができます。また、業者(リサイクルショップ)に持っていった場合は、買い取りしてもらうことでお得に不用品処分ができます。しかし、運搬には時間がかかるためスケジュールに余裕がないと作業が難しくなるうえ、運搬はご自身で行う関係上大きな粗大ゴミは搬出が難しいというデメリットがあります。

メリット
運搬費用が掛からない。
お得に処分できる。
デメリット
搬出に手間がかかる。
スケジュールの余裕が必要。

・インターネット
インターネットで申し込みを行うメリットは多く、営業時間を心配する必要がないためご自身のペースで依頼が可能であるうえに電話のように待たされる心配もいりません。さらに、スマートフォンを活用することで外出先からの依頼もスムーズに行えます。しかし、年配の方のように利用方法がわからない場合はその強みを活かすことが難しいという側面もあります。

メリット 
時間指定がない。
待たされない。
どんな場所からでも依頼ができる。
デメリット
誰でも使えるわけではない。

このように、メリットとデメリットを比較すると使い方さえマスターできればインターネットでの依頼は他の依頼方法に比べて非常に便利であることが分かります。

2.インターネットでの申し込み方法(自治体)

インターネットの依頼が便利であると分かったところで、自治体におけるインターネット申し込みの方法をご紹介いたします。

(※今回は株式会社リング本社がある大阪市をモデルに比較していきますので、他の自治体で依頼する場合は申し込み方法が異なる可能性がございます。ご了承ください。)

必要なもの
メールアドレス
(ヤフーやグーグルで無料で作成できますので、必ず準備しておきましょう。)

申し込み方法
1.大阪市のホームページにアクセスし、粗大ごみ収集のインターネットでの申し込みURLにアクセスする。
2.自治体の利用者登録の有無を問われます。取得されている方または取得される方は取得されている方の専用リンクへ、取得されない方は取得されない方専用のリンクへアクセスする。
3.粗大ゴミ回収に関する規約に同意する。
4.本人確認のため、ご自身のメールアドレスを入力する。
5.入力したメールアドレスに連絡が来たら、メールアドレスから再度アクセスし、名前や住所などの個人情報を入力する。
6.収集希望日の選択をする。
7.ご自身の回収してもらう粗大ゴミを選択する。
8.回収してもらう場所を地図で選び(自宅前など)指定する。
(※集合住宅の場合は管理人さんに許可を取っておくとトラブル防止につながります!)
9.登録内容を再度確認し、間違いがなければ送信し完了。

意外に簡単ですね。……と言いたいところですが、慣れていない方だと悪戦苦闘してしまうかもしれません。しかし誰でもわかるよう分かりやすい作りになっており、日時の指定はカレンダー形式、品物も品物名を検索して表示してくれるため、一度経験すると簡単に進められます。

3.インターネットでの申し込み方法(業者)

続いて業者での申し込み方を紹介いたします。
(※今回は業者の中でも自治体と同じように依頼を受けて回収・処分してくれる不用品回収業者をモデルに紹介していきます)

必要なもの
メールアドレス

申し込み方法
1.依頼を希望する業者の申し込み画面にログインする。
2.名前、希望日時、品物名、メールアドレスなどの情報を入力する。
3.業者からメールに返信が来る。
4.業者とメールで連絡を取り合い、内容を詰めていく。

業者のほうが簡単じゃない?と思われた方も多いのではないでしょうか。
その通りです。業者のほうがお問い合わせサイトがシンプルに作られているため、慣れていない方でも簡単に依頼ができるのです!

4.インターネット申し込みは業者のほうが便利!

二つの申し込み方法を見て、どうだったでしょうか。

多くの方が業者のほうが使いやすいと思われたと思いますが、業者の利点はまだあります。
業者のインターネット依頼はメールがメインとなるため、電話の際のメリットである「質問や疑問を聞きやすい」というメリットを併せ持っています。また、買取りを行ってくれる業者も多いため訪問の利点であった「お得な料金での処分」も可能です。すなわち、業者のインターネット依頼は電話・訪問・インターネット3つすべての利点を持ち合わせているということ。

そのため、ネット依頼で業者と自治体で悩んでいる方はまず業者の依頼から始めるのがおすすめです。

5.インターネットで申し込む際の注意点

インターネットで申し込むのは業者のほうがスムーズだと分かったところで最後はインターネットで申し込む際の注意点を紹介いたします。

・ウイルスには気を付ける
インターネットに詳しくない方でもインターネットウイルスという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。もし感染してしまった場合、個人情報やクレジットカード番号を抜き取られる恐れがあります。最近ではそのウイルスも巧妙化しており、広告に見せかけてクリックした瞬間に感染させるようなケースもあるようです。
検索して上位に上がってくるような大手業者に依頼する場合はサイト作成の段階でそういった脅威は取り除かれているのである程度は安心できますが、ポスティングされたチラシやDMからアクセスできる身元の分からないサイトは感染の危険があるため、不用意なアクセスは避けた方が無難です。

・パスワードを把握しておく
自治体では利用登録が必要になる場合もあり、その際にはIDとパスワードが必要になります。IDはご自身のメールアドレスである場合が大半ですが、パスワードは自分自身で番号を決めます。そのため、忘れてしまうと再設定が必要となってしまいますので、メモなどをしてご自身でしっかりと管理しておきましょう!

このようにリスクもありますので、きちんと調べたうえでの申し込みが重要です!

まとめ

今回は粗大ゴミの回収をインターネットで依頼する方法を紹介してまいりました。難しいと感じている方でもいざ始めてみれば案外簡単に手続きできるもの。そのためにこのページが役に立つと幸いです。便利になった世の中だからこそ、便利な機能を使って迅速かつお得に回収してもらいましょう。