不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

不用品の処分に困ったらリサイクル!回収業者に依頼すれば買取も!

引越しや大掃除で出てくる不用品。どうやって処分したらいいのか悩みますよね。
自治体の粗大ごみ回収、リサイクルショップ、そして、不用品を買い取ってリサイクルしている不用品回収業者。
それぞれの処分方法の違いやおすすめのポイント、中でも不用品回収業者に依頼するメリットを中心に紹介します。

1.自治体の粗大ごみ回収

通常の収集ではできない重量・容積のある不用品や粗大ごみの回収といえば、自治体の回収が最も一般的に知られています。
回収料金は自治体によって異なりますが、比較的安い料金で回収してもらえます。
何よりも行政によるサービスということで、「きちんと回収して処分してくれる」という安心感が利用の決め手となる大きなポイントではないでしょうか。
しかし、自治体に回収を依頼する際は事前に多くの手続きを踏まなければならず、申し込んでから回収までに日数がかかります。自治体ごとのルールをしっかり把握していなければ、処分の予定を大幅に変更せざるを得ない状況に追い込まれることもあります。自治体の回収サービスは十分に注意したうえで利用するように気を付けましょう。

自治体に回収を依頼する際の注意点
①少なくとも一週間前までにインターネットもしくは電話で日時指定・申し込みが必要
②品目別に割り振られた粗大ごみ処理券の購入が必要
③重量のある大型不用品も指定場所へ搬出しなければならない
④家電リサイクル法の対象4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機)とパソコンの回収は不可
⑤タイヤや灯油など処理が困難な不用品、商店・事務所などの事業系ごみの回収も不可

このように書き連ねると、意外に不便かも……。
特に④⑤は、引越しや大掃除でまとめて処分できないので要注意です!

2.家電リサイクル法とは?

先ほど出てきた「家電リサイクル法」。正しい処分のためにも、皆さまもぜひ覚えておいてくださいね。
一般家庭や事務所で処分するエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の4点は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に基づいた適切な処分が必要な製品です。これら家電4品目は回収して有用な部品や材料をリサイクルすることが義務付けられています。廃棄物を低減するとともに、資源の有効活用を推し進めるために制定された法律です。
家電4品目は大切な資源ですから、正しい手順を踏んで処分しましょう!

処分方法
手順①:対象品目(家電製品4品目)を確認する
 製造メーカー毎に処分にかかるリサイクル料金が異なるため要確認。

手順②:回収方法を確認する
【新しく買い替える場合】
  購入する店舗に引き取りを依頼する。
【買い替えではなく処分のみの場合】
  処分する製品を購入した店舗に引き取りを依頼する。購入店がわからない場合は、お住まいの市
  区町村で処分方法を確認する。

指定日時に回収に来てくれますので、その時(購入時には店頭で渡されることも)に「家電リサイクル券」に必要事項を記入して料金を支払い回収してもらいます。
また上記以外にも、指定引取場所への直接持ち込みや、不用品回収業者に依頼するなど様々な処分方法がありますので、詳細はお住まいの市区町村でご確認ください。

処分にかかる費用は?
家電製品4品目を引き取ってもらうにはリサイクル料金と収集・運搬料金が必要です。
リサイクル料金はメーカー毎に、収集・運搬料金は店舗毎に異なります。
リサイクル料金は、「一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター」でご確認ください。

不用品回収業者の場合は、商品の状態次第で高価買取してくれることがあるのでおすすめですよ!
ただし、中には無許可で回収をする悪質業者も存在します。第5章で詳しく記述しますが、必ず認可された正規の回収業者に依頼するように気を付けてくださいね。

3.使えるものはリサイクルショップ・宅配買取へ

まだ使えるものはリサイクルショップに売る、というのも一つの手段です。ほとんどが持ち込みになりますが、ショップによっては回収に来てくれる場合もあります。買い取ってもらえるというのは利用者にとって大きなメリットです。ただし、A店ではブランド品の服やバッグに重点を置いていて、B店では家具をメインに扱っているというように、ショップそれぞれで特徴が違います。少しでも高く売りたい場合は、事前にインターネットなどで自分が売りたい商品に見合ったショップの見当をつけておきましょう。

また、最近はインターネットで申し込んで配送する「宅配買取」も増えており、手軽に利用できるのでとても人気があります。中には配送料がかからないうえ、買取できないものでも返送せずに処分してくれる業者もあります。

大量の衣類を速やかに処分したい場合は、近所の古着屋に持ち込んでみるのもいいでしょう。チェーン展開している古着屋では、衣服の重さに応じた買取サービスを行っている店舗もあります。自分で持ち込まないといけませんが、引越しなど出費の多いときにすぐ現金化してもらえるのはありがたいですよね。近所に買い取りをしてくれる店舗がないか日頃からよく目を凝らしていると、いざという時に便利です。

リサイクルショップや宅配買取は一つの品目を処分する場合に重宝します。しかしその一方で、量やサイズを問わずいろんなものをまとめて処分するには不便かもしれません。

4.どんなものでもまとめて回収!不用品回収業者

引越しや大掃除などでいろんなものを大量に処分したいときは、不用品回収業者がおすすめです。
回収業者は、不用品の量と品物で見積りを出し、指定した日時に回収してくれます。
「それなら自治体の回収と同じでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、回収業者は民間企業なので利用者にとってメリットとなるサービスが非常に充実しています。

ここがすごい!回収業者に依頼するメリット5
①家電リサイクル法の対象4品、処分困難な不用品も回収!
②不用品の高価買取サービスが充実!
③時間指定・日時指定OK!
④手間が一切かからない!
⑤少量から大量回収まで!

回収業社の場合は、自治体では対応できない品物の回収や、不用品の分別から搬出まですべての作業を行ってくれるため、手間が一切かかりません。飲食店やホテル、工場などの事業ごみにもほとんどの業者で対応していますし、マンションやビルの高層階からの搬出もすべて任せられるので安心です。中には年中無休で対応してくれる業者もあり、問い合わせから作業完了までに日数がかからない迅速な対応も回収業者に依頼する大きなポイントと言えるでしょう。
さらに、不用品の買取サービスが充実しているのも特徴です。回収業者のほとんどが回収した品物をリサイクルしています。専門の査定スタッフが在籍している業者も多く、様々な不用品を厳正に査定するため買取対象になる品目の幅が広いのも特徴。買取分は回収費から割引されるので、費用を安く抑えながら処分ができるのは利用者にはうれしいメリットです。

つまり、
少量から大量処分まで、雑多な不用品をすぐに回収・買取してくれるのが回収業者です。

引越しの強力サポーター!
不用品の分別や処分は引越しで最もストレスに感じますよね。一日で処分ができれば心の負担もかなり軽減できます。ほとんどの回収業者はどのような不用品・粗大ごみでも一括回収してくれるため、引越しや大掃除のときに依頼すれば作業進行が非常にスムーズです。回収業者を上手に利用して、新生活や新年を気持ちよくスタートさせましょう。

不用品は買取を依頼して、しっかりリサイクル。
環境にもお財布にもやさしい処分を!

5.無許可の回収業者は絶対に利用しないで!

先ほど回収業者に依頼するメリットを述べましたが、業者を選ぶ際に注意しなければならない点があります。それは、無許可の回収業者に依頼しないことです。

回収業者の中には「無料回収」を謳って集客している無許可の業者がいます。利用者にとっては魅力的な宣伝文句ですが、無料の対象となる品はごく一部に限られており、荷物を積み込んだ後に高額な請求をしてくるなど悪質な手口でトラブルになるケースが後を絶ちません。また、これらの業者は回収した不用品を不法投棄したり、不適切な処理・管理によって有害物質の放出や火災を引き起こしたりする事例がいくつも報告されています。しかし、悪徳業者と正規の業者の見極めは多くの人にとっては分かりづらく、チラシやホームページに「産業廃棄物処理業許可」や「古物商許可」と掲載されていれば安心して回収を依頼してしまいますよね。実は、それが悪質業者の狙いなのです。ご家庭の不用品を回収するには「一般廃棄物処理業」の許可が必要なので、絶対にだまされないでください。

「一般廃棄物処理業」・・・家庭の廃棄物の回収が可能
「産業廃棄物処理業」・・・工場や企業の廃棄物の回収が可能
「古物商」・・・中古品などの売買が可能

それぞれで回収・処理できる品物は異なります。「許可証」という言葉に惑わされてはいけません!

正しく処分するために
・粗大ごみや不要になった家電類は、お住まいの市区町村のルールに沿って処分する
・正規の回収業者やリサイクルショップに依頼する

正しい方法で不用品を処分して、環境だけではなく自分の身も守りましょう。

まとめ

不用品の処分方法には、自治体や回収業者など様々な選択肢があります。
処分で失敗しないポイントは、
①こちらの都合に合わせてくれる
②量に関わらずどんなものでも回収・買取してくれる
③リユース・リサイクルしてくれる
この3点に要約されるでしょう。
これらすべてを行っている回収業者は、利用者の悩みを本気で考え抜いたサービスが非常に充実しています。

それぞれの処分方法のメリットを上手く活かしながら自分に相応しい方法で適切に処分することはもちろんですが、不用品はしっかりリサイクルして、環境にもお財布にもやさしい処分を心掛けましょう。