不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

粗大ゴミの処分方法は役所への持ち込みだけじゃない!回収業者が今アツい!

皆さんはどのように粗大ゴミを処分していますか?個人では搬出や運搬が困難なうえ、「粗大ゴミ 処分」と検索してもたくさんの業者と難解な役所の手続きばかりで、どのように進めたら良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

今回は分かりにくい粗大ゴミの処分をどこに頼めば良いのかを詳しく解説していきます。

1.役所での粗大ゴミの処分方法

(今回は、不用品回収リング本社のある大阪市を参考にしております。各自治体で処分方法が異なりますので、処分の際は各自治体の処分方法をご確認ください)

まず、皆さまはどこで粗大ゴミを処分できるかご存じでしょうか。

主に役所での処分方法は、

・役所で依頼し、引き取ってもらう
・持ち込み


上記の二種類に分けられます。一つずつ利用方法を解説すると、

・役所で依頼し、引き取ってもらう場合
1:必要事項※を確認したうえでインターネット、電話、ファックス、はがきなどで粗大ごみ収集受付センターに申し込みをします。回収可能な品物であれば、収集日と受付番号、手数料を教えてもらえます。
※【必要事項:氏名、電話番号、品物の種類】

2:粗大ごみ処理手数料券を購入します。手数料券は200円、400円、700円、1,000円の4種類の内から申込時に告げられた値段を購入しましょう。手数料券は各環境事業センターはもちろん、近所のコンビニやスーパー、生協、役所などで購入できます。

3:粗大ゴミに手数料券を張り付け、センターから指定された日時に規定の場所まで運びます。こちらの作業はここで終了。後は役所の方や役者から委託を受けた業者の方が回収してくれます。

・持ち込み
1:住んでいる場所の一番近くの処理施設(工場)に予約をします。品物によっては破砕作業を行う必要があったり、予約状況によって対応が異なるため日時に余裕を持っておくことが大切です。
予約が取れたら、予約した処理施設に粗大ゴミを持ち込みます。車認が終われば、ごみ処理手数料(10kgごとに90円)を現金で支払って終了です。

費用の安さが役所で処分する最大のメリットですが、手続きなど面倒な作業が多いのが難点です。さらに、処分の際に気を付けることがまだあるのです。

2.役所での処分の注意事項

・持ち込めない品物がある
当然ですが、家庭ゴミや工業品などは原則として受け取ってくれず、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の4品目も回収してもらえません。(これらは資源として適切な方法で再利用する必要があるため)
また自治体ごとで異なるのですが、大きさや可燃物かどうかなども細かく規定されているため、ご自身で念入りに確認する必要があります。

・営業時間が短い
センターや処理施設は市区町村のもとで営業しているため、基本的に土日祝日は休みです。また、営業時間や受付時間は9時から17時が基本であり、お昼の時間(12時から13時)は受け付けをストップしている場合もございます。そのため、仕事や家事などが忙しい方の処分は困難です。

・不法に持っていかれる
回収の際は家の前など、外に置いておくため、不法に持ち去られるリスクもあります。また持っていかれても処理費用の返却はありません。さらに手数料券のシールには名前を書かなくてはならない場合はプライバシーの視点からためらってしまう方もいるかもしれません。

このように注意事項を加えて考えると、面倒だと感じる方は多いのではないでしょうか。
しかし、粗大ゴミの回収は役所だけではありません。役所以外の場所でも処分してもらえます。

3.役所以外の粗大ゴミの処分方法

役所以外でも粗大ごみの処分を行ってくれる場所があります。

・不用品回収業者
・便利屋
・家電量販店
・リサイクルショップ
・ネットオークション


このように民間でも多くの業者が処分してくれます。
一つづつ見ていきましょう。

・不用品回収業者
家庭で不用となった品を回収してくれる業者です。粗大ゴミも不用品の一種ですのでもちろん回収してくれます。悪徳業者が心配という声もありますが、安全な業者であれば適切なリサイクルを行ってくれるため、安心して処分を任せられます。また、年中無休かつ24時間受付している業者も多く存在しており、忙しい方でも簡単に申し込めます。

・便利屋
不用品回収業者と同じく、年中無休かつ時間指定が可能です。しかし、搬出能力などに長けたスタッフが在籍していないことがあり、リサイクルできる設備も整っていない事も多く、処分できる品物も限られます。

・家電量販店
家電リサイクル法にのっとった4品目(冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコン)のみしか回収してくれません。また、4品目を買い替る店または買った店ではないと引き取りのために条件があることも。

・リサイクルショップ
価値がある品物しか取り扱ってくれません。また、ご自身で品物を搬出・運搬しなければならず、手間と時間がかかります。しかし、年中無休で承っているところも多く、土日祝日でも対応してくれる場合が多いというメリットもあります。

・ネットオークション
日時を気にせずに取引でき、幅広い品物をお得に処分できますが、当然のことながら売れないと処分ができません。また、売れた場合も買取先との連絡や交渉、梱包と発送作業などの手間がかかります。

このようにさまざまな業者の良し悪しを見ると、不用品回収業者が頭一つ抜けているなという印象を持った方も多いのではないでしょうか。

ここまで読んでいただいた方にはおわかりでしょう。最近では、役所ではなく不用品回収業者がアツいのです!!

4.不用品回収業者の回収はなんでアツい?

先述しましたが、不用品回収業者の強みは利便性です。

最近は仕事や家事などが忙しく、土日や祝日ではないと処分を進められない方も多くいらっしゃいます。そのような方は、処分品の制限がなく年中無休かつ24時間対応・作業が可能な業者を利用するのが便利なのです。
また、お部屋から出せない大型の粗大ゴミなどの搬出も承ってくれるため、搬出や運搬を一人で進められない高齢者の方も安心です。また、買取を承っているところも存在しているため、買取金額を回収費と差し引けばさらにお得な回収ができます。

このように、近年のライフスタイルの多様化に合わせた柔軟な作業プランの設定が行えることが、不用品回収業者の強みであり、アツさの理由です。

5.回収業者の選び方

近年では、回収業者の需要が高まった事により、業者も増えてきており、一見しただけではどこが優良業者なのか分かりません。

そこで、最後に頼むべき優良回収業者の見分け方をご紹介いたします。
ポイントは三つです。

・リサイクルを行っているか
・お見積もりを丁寧に行ってくれるか
・お見積書を詳細に記入してくれるか


です。

これらの確認を怠ると高額請求や不法投棄といったトラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。ホームページや依頼の際に確認できますので、きちんと確認したうえで依頼するように注意してくださいね。

まとめ

今回は粗大ゴミのさまざまな回収方法を紹介してきましたが、処分は心から納得したうえで進める必要があります。業者がアツいのには変わりありませんが、ご自身の状況・要望に合わせた判断が非常に大切です。
この記事が粗大ゴミの処分の参考になれば幸いです。