不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

廃品回収はトラブルに注意!優良業者を見極めて安全に処分!

不必要になった有価物を買い取ってくれる廃品回収。昔からチリ紙交換といった作業でなじみ深い方も多いのではないでしょうか。そんな廃品回収も今では不用品回収とも呼ばれ、ご家庭や事務所のさまざまな廃品を回収・買取してくれます。また、時間を問わず多種多様な商品を回収してくれるため、便利なサービスとして頻繁に利用する方も多いようです。
とはいえ廃品回収業者の中には違法な業者も潜んでおり、トラブルに巻き込まれてしまう方が後を絶ちません。そのため、「興味はあるけど依頼に踏み切れない」と尻込みしてしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし、廃品回収は見極めるコツさえつかめば安心安全に利用できるサービスなのです。今回は皆さまに快適な廃品回収を行ってもらえるよう、廃品回収業者の見極め方をご紹介したいと思います。

1.廃品回収のトラブル(一例)

まず、違法廃品回収業者に頼んでしまうとどうなるのでしょうか?
一般的なトラブルを例に挙げて紹介いたします。

・無料じゃない
「無料で廃品・不用品回収いたします」と街中でトラックを走らせたり、広告を出したりしているのにも関わらず、いざ回収が終わると「運搬料がかかる」「無料なのは回収だけ」などと何かにつけて料金を請求する。また、「払えない」と断っても、「部屋に戻すのも料金がかかる」と言い金額を請求する。

・窃盗
回収中に依頼主の目を盗んで貴重品や金目の物を探し出し、盗む。

・押し買い
どんなものでも買い取るといって依頼を受け付け、金目の物を安く買い取れるまで帰らない。

・高額請求
回収後に「思ったより多かったから」と、見積もりより高い金額を請求する。見積り段階で高額請求が可能と判断されてしまった場合は、見積もり段階で高額請求される場合もある。

・不法投棄
回収した品は本来、各自治体の再利用手順に従って所定のリサイクルセンターで処分しなければいけないのだが、その料金を浮かせるため河川や山中に不法投棄を行う。

・お部屋のキズ
回収時にお部屋の床や壁に傷をつけたりしても、責任逃れの発言を繰り返し、保証を行わない。(こういった業者は保険に入っていない場合が多い)

このように、廃品回収ではさまざまなトラブルが発生しています。トラブルは逮捕されるケースもありますが、違法業者のほとんどは名前を明かさない、違う業者の名前を騙る、領収書を渡さないといった方法で対策を行っており、多くの違法業者が摘発を免れています。
そのため、皆さま自身の見極めが非常に重要なのです。

2.違法業者とは?

では、さっそく見極め方法のご紹介といきたいところですが、違法業者についての知識がなければ見極めるのは困難です。
そのためこの章では、違法業者について詳しくご紹介いたします。

●なぜトラブルを起こすの?
よく考えれば、無料回収で仕事が成り立っていること自体おかしな話ですよね。どこかに収入がなければ、トラックのガソリン費用や経営費の捻出ができません。そのため、不当にお金を請求する半ば詐欺のようなやり方や不法投棄を行い収入を得るのです。

●トラブルを起こしやすい業者は?
トラブルを起こしやすい業者は、自身の違法行為を自覚している場合が多く、対策を取っています。名刺を出さない、名前を明かさない、ホームページを持っていないなど自身の情報をなるべく公開しないよう気を付けています。そのため、身元が分からなければトラブルを起こしやすい業者と考えるべきでしょう。
しかし、ホームページにも落とし穴はあり、最近は少ない資金で外注業者が作ってくれます。一見安心できるホームページなのに実際は違法業者だったなんてケースもありますので、ホームページの中まで詳しく確認する必要があります。

●どうしてトラブルが絶えないの?
トラブルが絶えない理由は、廃品回収業の起業のしやすさが挙げられます。軽トラック一台ですぐに始められるため、軽い気持ちで始める方が多くトラブルが絶えないのです。

3.廃品回収業者の見極め方

では、いよいよ見極め方についてご紹介いたします。
見極める際のポイントは業者の情報を明らかにすることです。そのため、業者が情報を明かさないまま作業に入るのをなんとしても避けなければなりません。
見極め方を大まかに3つに分けましたので、回収依頼をする際にぜひ実践してみてください。

1.自ら直接依頼しない
街中で回収をしている業者には頼むのはおすすめできません。緊急であっても受け付けてくれる業者は多く存在します。

2.口コミを確認する
評価が高くても信用してはいけない可能性があります。口コミサイトはある程度のサクラがいると割り切り、全て鵜呑みにしないようにしましょう。そのため、ある程度の低評価に真摯に返信をしている業者がおすすめです。

3.ホームページや電話、見積もりの際に必ず確認をする
ホームページに疑わしいところがないか、住所や電話番号を確認しましょう。電話や見積もりの際も追加料金やキズなどの保証も口頭だけでなく、書面にできる限りしてもらいましょう。

とはいえ何を確認すればよいか分からないと、確認しようにも確認が取れないですよね。次の章で確認すべきチェックリストを作りましたので、ぜひ参考にしてください。

4.確認するべきチェックリスト

1.ホームページはあるか
2.値段が不明瞭ではないか
3.スタッフの顔写真やコメントがあるか
4.会社概要があるか、またその住所は実在しているか
5.電話対応の際、はっきりと作業内容の説明を行ってくれるか
6.名刺はあるか
7.お見積りが書面で提出できるか
8.補償内容はあるか
9.追加請求についての書面は作成できるか
10.領収書は出してもらえるか


これら全てに応えられる業者は優良業者と言って間違いないでしょう。こんなに応えてくれる業者なんてないよと思った方、チェックリストをもう一度読み返してください。どれもこれも当たり前で当然応えられるべき質問です。

5.トラブルに巻き込まれてしまったら

これで安心と思った方も多いでしょう。これらの確認でほとんどのトラブルが防ぎきれるとは思いますが、近年はトラブルの手口も巧妙化しており、防ぎきれずに巻き込まれてしまうケースもあるかもしれません。

そんな万が一のために、最後にトラブルに巻き込まれてしまった時の対処法をご紹介いたします。

まず、「おかしいな」と思ったらお金を支払わずに警察に通報するのが大切です。違法業者はお金目当てで来ていますので、支払いしてもらえないと現場から立ち去りづらいのです。
しかし、大半のケースは騙された、盗まれたなど気づくのは事後である場合が大半です。その場合は早急にお住まいの自治体の消費生活センターまたは国民生活センターに問い合わせてください。専門の相談員が、トラブルの相談や対応を教えてくれます。摘発までは難しいかもしれませんが、同じ手口の被害が何件もあれば対策につながるかもしれませんので、諦めずに連絡するのが良いでしょう。皆さまの通報が次の被害を食い止められるかもしれません。
そのため、作業前・作業中に見極めるのが非常に重要です。

まとめ

廃品回収に依頼する際は業者の情報を明らかにできるよう努めることが大切です。見極めがトラブルの発生を左右するため、「うまく聞けなかったらどうしよう」と不安に感じる方もいるとは思います。しかし、見ず知らずの業者には頼まないことと、メールや電話などのファーストインプレッションに常に心がけていれば、ほぼ安全な回収が行えます。
このようなコツをつかめば、廃品回収は安全かつお得なサービスとなるのです。
この記事を最大限活用してトラブル無しの廃品回収を行ってください!