不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

不用品回収の料金相場は?費用をおさえるポイントも解説!

初めて不用品回収を業者に依頼して処分してもらう際、一番心配になるのは作業料金ではないでしょうか。世の中には違法な業者も存在しています。そのため、気持ち良く不用品回収を行うには業界全体の大まかな料金相場を把握しておく必要があります。

今回は回収の料金相場と費用をおさえるためのポイントをご紹介します!

1.不用品回収の料金計算

1:基本料金+品目ごとの回収料金+オプション料金
2:定額料金(積み放題パックとも)+オプション料金



不用品回収の料金計算は、大まかに以上2種類の計算式で求められます。

ここで注目してほしいのはオプション料金です。
これは作業人数の増員や不用品の解体費用など、作業を行ううえで必要な「追加サービス」の料金です。業者によって提供できるサービスは様々で、引っ越しのサポートから専門家による土地活用サポートまで受けられることもあります。

便利なサービスですが、このオプションサービスのおかげで作業料金が跳ね上がることもあるので、何を目的に利用するのかをしっかりと考えることが大切です。

2.不用品回収の相場目安

不用品回収業者は品物ごとに大まかな回収金額を設定しています。この相場を把握する事で依頼する業者選びがスムーズに進みます。業種ごとにざっくりと紹介すると、

【不用品回収業者】
家電類
3,000~6,000円

パソコン機器
1,000~10,000円

家具
3,000~10,000円

寝具
5,000~10,000円

日用品
100~300円
(※以上は目安です)

【トラック積み放題】
軽トラック:9,800~25,000円
2tトラック(平):39,800~45,000円
2tトラック(箱):60,000~80,000円

【自治体】
・粗大ゴミ回収(手数料)
200~1,000円

ご家庭で発生する不用品であれば大体10,000円内には収まるのがわかります。この金額を1章で紹介した料金計算に当てはめることで大まかな作業料金を調べられます。

3.回収費用をおさえるための方法

先述した通り、品物ごとに料金相場は決まっています。しかし、それ以外の部分を工夫することで作業費用をおさえることができます。まずは試してみてください。

・できることは自分でやっておく
「出来る限り分別を済ませておく」「事前に箱詰めしておく」など自分のできる範囲で準備をしておくと1章で紹介した基本料金の部分を節約できる可能性があります。

・買取りしてもらう
業者によっては不用品を回収ではなく買取りしてくれるところもあり、作業費がお得になることがあります。

ただし、完全な不用品(割れた食器など)は買取り対象にならず、中古市場で需要がある家電やゲーム類のような価値があるものでしか買取対象にならないのでご注意を。

・相見積もりをする
理想通りの条件・値段設定を見つけたとしても、他の業者ならさらにいい条件を提示してくれる可能性もあります。そのため最低でも3社から見積もりを取る「相見積もり」を行うのがおすすめです。

相見積もりは以下の4点に注目するのがポイント!


・相見積もりをしていることを伝えておく
比較して値引きをしてもらえるなど、有利な条件を出してくれることがあります。

・見積もり書は丁寧か
料金が項目ごとに明記されていて見やすい、質問すれば「諸経費」の内訳や必要性をきちんと説明してくれるかなど、見積もり書1枚からその業者について分かることは多いです。

・スタッフの対応
自宅まで回収に来てくれる業者を比較する場合は特に重視したいポイント。
訪問スタッフはいわば業者の顔。スタッフの対応は「この業者に頼みたいか?」「任せられるか?」を考えるための格好の判断基準になります。

・近くの業者か
希望の条件ばかりに気を取られ、その業者がどこに本拠地を置いているかまでは調べない方も多いですが、これも意外と重要な要素です。
回収した品物を処分するためにはその地域ごとの処分ルールを正確に把握する必要があるため、地域のルールに詳しい業者を選べば安心して依頼できます。

4.料金相場についての注意点

どの業者にいくらで依頼するかも大事ですが、それだけに気を配っていると意外なトラブルに巻き込まれる事もあります。


・予算オーバー
不用品回収業者は「引っ越しの荷造りサポート」などさまざまなオプションサービスを提供してくれます。ただし、便利だからと言って考えなしでお願いすると、追加料金が発生し想定外の金額になることもあります

お見積りや作業プランを決める際には、想定していた予算を超えないようにオプションの追加や追加料金の発生に気を配るのがおすすめです。またはお見積り時点で必要経費を全て含めて計算してもらうことでも対策出来ます。

・業者選びに迷う
緊急で処分したい不用品がある場合や、複数の業者に依頼することが面倒などの理由で適当に目についた業者に依頼する方もいるようですが、これはとてもリスキーな行為です。あとから高額請求してくる業者や、不用品を道端に不法投棄するような業者にあたってしまい、違法行為の被害に遭うこともあるからです
これらの問題は全て不用品回収業を行うために必要な「一般廃棄物収集運搬許可」や「古物営業許可」を取得していない無許可の回収業者に依頼したことに原因があります。
依頼する際にはその業者がきちんと許可を得ているかどうかに加え、ネット上での評判も調査してみるのがおすすめです。

5.相場よりも安く引き取ってもらうための業者活用方法

お得に不用品処分をおこなうためには、どこに依頼するかも大切です。
品物に合わせて業者を選び、お得に処分してもらいましょう。

・不用品回収業者
テレビ、エアコンなどリサイクルが必要な家電や量の多い引っ越し時の不用品回収など、品物の種類・量を問わずに回収してもらえるのが最大のメリットです。日時指定を受け付けてくれるところも多いため、スケジュールを柔軟に組めるのも嬉しいポイント。
ただし、業者の選択肢が多いため、自分の希望条件をしっかりと認識していないと選ぶのに難儀する事もあるので注意が必要です。

・引っ越し業者
引っ越し作業終了後に不用品を回収・買取りしてくれます。搬出もいっしょにやってもらえるため作業面では楽ですが、引っ越し時以外には依頼できないのが難点です。

・自治体
各自治体の粗大ゴミ受付センターの公式サイトから申し込めば自治体が回収してくれます。
費用面では安上がりですが、品物によっては指定の場所まで運ばなければいけないのがネックです。 

・その他の業者
郵便受けに届くチラシや町を回る廃品回収車など、普通に生活しているだけでも不用品回収業者の情報はたくさん手に入ります。しかし、安さや手軽さだけを基準に選ぶと先述したようなトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、しっかりホームページなどを確認して依頼するようにしましょう。

・買取業者
不用品を処分するのではなく、買取ってもらうことで手放す方法もあります。
買取価格がそのまま利益になるうえ、宅配買取を利用すれば大量のCDなど持ち運びが困難なコレクションアイテムや大型家電など様々な品物を家に居ながら回収してもらえます。
反面、ゴミ処理には利用できないのがネックです。

まとめ

初めて不用品回収を依頼する際は目先の作業料金のみに注目してしまいがちですが、おおよその料金相場を知っておけばより自分の要望に近い不用品処分を行うことができます。それ以外にも相見積もりや予算設定を行ううえでも料金相場は役に立つため、不用品回収を検討している方は一通り把握しておくことをおすすめします!