不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

引っ越し時の不用品を回収してもらうベストな方法!

引っ越しは「荷造り」などの引っ越し準備ばかりに目が行きがちですが、大量に不用品が発生して処分に手間がかかることも少なくありません。不用品の処分が段取りよく進まないと、「引っ越しまでに処分が間に合わない」なんてことも。そんなことになれば、新居まで不用品を持って行くことになり、無駄な作業や費用がかさんでしまいます。
引っ越しをスムーズに進めるためには 引っ越し準備と不用品の処分を同時に進めていくことが重要です。そこで今回は、引っ越しをスムーズに済ませたい方のために「引っ越し時の不用品を回収してもらうベストな方法」をご紹介いたします。

1.自治体に回収してもらう

不用品は自治体に回収してもらうというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?しかし、どんなものを回収してもらえて、どのような流れで依頼するのか分からない方も多いと思います。自治体で不用品を回収してもらう場合は、 最短でも4日はかかってしまうので、後回しにしないように注意しましょう。
各自治体によって異なりますが一般的な回収してもらえる粗大ゴミの種類と手順をご紹介します。
大阪市のホームページを参考にしていますので、詳しくはお住いの地域ホームページにてご確認ください。

・粗大ゴミとして回収してもらえるもの
自治体では最大の辺または径が30㎝を超えるもの、棒状で1メートルを超えるものは一般的に粗大ゴミとして回収してもらえます。

・回収してもらえないもの
① 蛍光灯管
区役所等に設置されている回収ボックスに投函するか、回収しにきてもらう場合は各地域の環境事業センターへお申し込み。
② 資源化可能な古紙
古紙・衣類の収集日に出すか各地域の資源集団回収へ依頼。引っ越しなどで大量にある場合は再生資源事業者などに依頼して回収してもらいます。
③ 家電4品目
エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣服乾燥機は家電リサイクル法という法律によりリサイクルしなければいけません。新しく購入する家電量販店または購入した家電量販店へ引き取り依頼するか、別途リサイクル料金を支払い引き取ってもらう必要があります。
④ 処理が困難なもの・危険なもの
消火器・灯油・シンナー・ガソリンなど
⑤ 産業廃棄物
店舗・工場・事務所などで発生した大型のゴミは廃棄物処理の許可を持つ業者に委託して回収してもらう必要があります。
⑥ 建築系
建築廃材やコンクリートがらなど

・一般的な流れ
① 受付センターへ申し込み
電話・インターネット・ファックス・はがきなどで申し込むことができます。必要事項を伝え「処分したい粗大ゴミの手数料」「受付番号」「収集日(早くて4日以降)」を確認。
② 「粗大ごみ処理手数料券」を購入
申し込み時に教えてもらった手数料分の「粗大ごみ処理手数料券」をコンビニ・スーパーマーケット・郵便局などで購入します。
③ 収集日に不用品を出す
購入した「粗大ごみ処理手数料券」に受付番号又は氏名を記入して、粗大ゴミごとに貼って収集日に出します。

2.買取りしてもらう(リサイクルショップ・買取業者)

引っ越しで発生した不用品を処分するには、買い取りしてもらうという方法があります。買い取りしてもらうには「リサイクルショップに持ち込む」または「買取業者に依頼する」という方法がありますのでそれぞれ説明していきます。

・リサイクルショップ
自治体では処分費用がかかりますが、リサイクルショップに持ち込めば買い取ってもらえるので大変お得です。さらに、幅広く取り扱ってくれることが多いのでまとめて売却することができ便利。しかし、量が多い場合や一人暮らし・車がない場合は持ち込むことが困難なので、誰かの手を借りる必要があります。

・買取業者
自宅まで査定しに来てくれる買取業者もあるので、量が多い不用品を売却したい場合は大変便利です。衣服や家電・趣味品など不用品の種類によって業者を選ぶことが高い査定のコツ。しかし、すべての不用品を買い取ってもらえる訳ではないので、買い取ってもらえなかった不用品は別で処分する必要があります。

3.ネットオークションやフリマアプリを活用

様々なアプリが登場してオークションやフリマアプリを使用している人は急増しています。そのため、インターネット一つで消費者同士が繋がり、不要な物を売り買いすることが簡単になりました。この章はネットオークション・フリマアプリのそれぞれの特徴を簡単に説明します

・ネットオークション
ネットオークションは、ほしい人同士が競争して購入する場です。一番高く買い取りしてくれる人が落札者となるので、思ってもいないようなものが高値で取引されることも少なくありません。そのため、できるだけ高値で売却したいブランド品などはネットオークションがおすすめです。

・フリマアプリ
フリマアプリは手軽に売り買いすることができるため、利用者数が多いことが最大のメリットです。特に女性や主婦などの利用率が高いことからアパレルや雑貨・ベビー用品などの取引が多くされています。フリマアプリは売り手が販売金額を自由に決めることができ、金額に納得する人がいればすぐに取引することが可能です。

4.人に譲る・寄付する

引っ越しする場合は「新居にはサイズや雰囲気が合わない」といった理由で、まだ使用できるものが不用品として発生することも多いと思います。そのようなものは、人に譲る又は寄付することで費用がかからず手放すことができ、さらに人に喜ばれるというメリットまでついてきます。

・人に譲る
ご自身の周りで処分するか悩んでいる物を必要としている人はいませんか?初めて一人暮らしをする場合や転勤などのタイミングは「あまりお金をかけたくない」と思うことも多いので、周りで思いつく人がいる場合は声をかけてみましょう。

・寄付する
費用をかけずに不用品を処分するには、寄付という方法もあります。地域の図書館や福祉施設・病院など様々なところに寄付することが可能です。しかし、寄付できるものは施設や団体によって異なります。「親切心で送っていたものが迷惑になっていた」ということのないようにきちんと確認しておきましょう。

5.回収業者に依頼する

不用品を回収してくれる業者は、「不用品回収を専門に行っている業者」または「引っ越し業者」が回収してくれる場合もあります。業者によってサービスが異なりますので、ご自身に合った業者を選ばなくてはいけません。引っ越し時の不用品を回収してもらうベストな業者選びをご紹介します。

・引っ越しと不用品回収の作業を同時に進めてくれる
引っ越し前は何かと手続きや準備などがあり忙しい時期です。忙しい状況の中で、不用品処分の手続きを同時に進めるとなると時間や負担がかかってしまいます。そんなご負担を軽減してくれるのが引っ越し作業と不用品回収作業を同時に進めてくれる業者。一度に任せることができるので、大変有難いサービスです。

・不用品買取りサービスがある
引っ越し時は大量に不用品が発生し、中にはまだ使用できる不用品がある場合も多いと思います。そのような場合は買取サービスがある不用品回収者を利用することで、少しでも費用を削減することができます。

まとめ

引っ越しする際に必ずといって発生する不用品の処分。少しでも費用を抑えて効率よく処分したいですよね。引っ越しの不用品を処分するには様々な方法がありましたが、いかがでしたでしょうか?「引っ越しと不用品回収を並行して進めてくれる業者」や「不用品回収時に買い取り対応してくれる業者」などもあり、一社にまとめることで大変便利でお得に不用品を処分することが可能です。気持ちよく新生活を送るためにも、ご自身に合った方法を選びましょう。