不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

不要な家具をお得に処分する5つの方法を徹底解説!

引越しや模様替えで不要になった家具。
いざ処分しようとすると、頭に渦巻く「どうやって処分するの?」という疑問。
ものによっては粗大ごみや燃えるごみ、それぞれに分類されます。
だからと言って、大きな家具を燃えるごみと一緒に出すわけにはいきませんよね。家具それぞれに適切な処分方法がありますので、正確な情報をしっかりインプットしておきましょう!
そこで今回は、家具をお得でスムーズに処分できる5つの方法をご紹介します。

1.粗大ごみに出して廃棄処分する

家具の処分で通例なのは、自治体に粗大ごみとして回収してもらうことです。

概ねどこの自治体も、「粗大ごみ手数料券」を事前に購入し指定日に集積場にシールを貼って出しておくと回収してくれます。
処分費は自治体によって異なりますので、お住まいのある自治体のウェブサイトで確認しておきましょう。

不用品回収リングの本社がある大阪市の例を挙げると、処分費は以下のようになります。

机(袖なし):400円
たんす(幅・奥行・高さの合計が2メートル以上2.5メートル未満):700円
ベッド本体(マットレス類を除く):1,000円

*参考:大阪市 粗大ごみ処理手数料一覧表 「品目ごとの処理手数料一覧 2.家具・寝具類」

また多くの場合は、自治体で指定されたリサイクルセンターなどの収集所・処理施設へ自分で持ち込めば回収を依頼するよりも安く処分できます。トラックやワゴン車の手配が可能ならば、かなり節約できます。

●燃えるごみに出す場合
大きな木製家具を電動ノコギリなどで細かくして指定袋に収めれば、燃えるごみとして回収されます。一度にまとめて出さず小分けにして出すようにすると回収されやすくなります。その際、金具は必ず取り外し、燃えないごみに出しましょう。金属部分を自分で解体できない家具は処理施設に持ち込まなければなりませんのでご注意を。

2.不用品回収業者に依頼する

自治体の粗大ゴミ回収は申し込みから回収まで日数がかかることが多くありますが、不用品回収業者は早ければ依頼当日に回収に来てくれます。もちろん日時指定ができるので処分したいときにいつでも回収してくれます。重たい家具も搬出してくれ、効率良くスムーズに作業が進みます。また業者の多くが買取サービスを行っているため状況によっては高価買取になるケースもあります。処分したい家具が破損・キズ付いていても回収してくれ、家具以外の不用品もついでにまとめて回収依頼できるので非常に便利です。

依頼の際にぜひおすすめしたいのが、複数の不用品回収業者への相見積もりです。業者によっては見積りが明確でないところもあり、価格やサービス、対応の良さを比較するうえでも大切なポイントです。

当社不用品回収リングはメールでのお見積りが24時間365日可能です。もちろん無料訪問お見積りにも年中無休で対応しております。業界最安値で質の高いサービスのご提供をお約束いたします!

3.リサイクルショップの出張買取で売却する

リサイクルショップに売却する最大のメリットは、不要になった家具が収入になるということです。特に大型の家具は出張買取を依頼して引き取りに来てもらえるので便利ですし、自宅で査定を行ってもらえるうえに買取、搬出まですべてしてもらえます。家具の処分を考えている方はぜひリサイクルショップの出張買取も選択肢に入れておいて損はないでしょう。

商品の状態にもよりますが、引越しシーズンに合わせて処分する家具を売りに出せば高価買取につながる場合もあります。もちろん、アンティークやブランドもの、デザイナーズ家具も廃棄より買取のほうが断然お得になるため「ただ処分するのはもったいない」「現金化したい」という方はリサイクルショップへの売却をおすすめします。

ただし、こちらでご注意いただきたいことが一点。
リサイクルショップによって買取条件が異なるため、売却するショップが家具の取り扱いに注力しているか否かを事前に調べておくことを忘れないでください。

どういうことかと申しますと、リサイクルショップではショップごとに家具の取り扱いに力を入れているところ(仮にA店とします)もあれば玩具類の取り扱いをメインに展開しているショップ(同じくB店とします)もあるため、処分する家具をB店で売却してしまうと価値を低く見積もられてしまう恐れがあります。
そうならないためにもA店のように家具の価値判断を適切に行うリサイクルショップを見極めて売却しなければ、大きな損失を被ってしまいます。

もちろん査定額に納得できない場合は断ることもできますが、手早くスムーズに処分するのであれば、売却するリサイクルショップの目星を事前につけておくのがいいと思います。また、家具の状態や内容によっては買取できないものもあるので、売却を予定しているショップに事前に問い合わせておきましょう。

4.ネットオークション・フリマアプリで売却する

限定で生産された貴重な家具など高値で売却できると見込めるものは、ネットオークションやフリマアプリの利用をおすすめします。

購入希望者が多ければ予想以上の値がつくこともありますが、一方で、買い手がまったくつかないことも。その辺りの見極めが難しくもあり、楽しめる方にとっては適切な処分方法だと言えます。そして何と言ってもスマートフォンからでも手軽に出品できるのがネットオークションやフリマアプリの最大のメリットではないでしょうか。

しかしながら梱包や発送の手配、買主とのやりとりなど手間と労力がかかるため、細かいことが苦手な方には不向きかもしれません。また、支払いや商品の状態でトラブルが生じることもしばしば。しかし、これらを念頭に入れてでも価値のわかる人に使ってもらいたい方や、写真撮影に工夫を凝らしたり、商品説明を楽しみながら文章にして作成できる方には最適な処分方法です。

5.引越しの時にまとめて売却する

引越しの際に出る不用家具は、引越し業者に回収を依頼するのが最も効率的です。複数の家具も一度にまとめて引き取ってくれますし、転居前ギリギリまでそれらを使うことができます。

自治体に回収を依頼する場合は申し込みから回収までの期間がかなり開くことがあるため、引越しのかなり前に依頼を申し込まなければならず急な引越しの場合には間に合わないことも。さらにネットオークションやフリマアプリの場合は下手をすれば引越し当日になっても売れ残っている恐れがあり、出品を取りやめるか、必要ないにも関わらず新居へ持って行かなくてはならなくなってしまいます。

引越し業者に依頼するメリットは、引越し作業と家具の回収を同時に済ませられることです。複数の業者に依頼する手間も省け、スムーズに作業が進みます。もちろん、粗大ごみのように自宅前まで搬出する必要もありません。

また、業者によっては買取に対応しているところもあります。ただし、引越し業者によっては回収自体に対応しておらず引き取り料金を支払わなければならない場合もありますから、引越しの見積りを依頼する際にしっかり確認しておきましょう。

まとめ

家具を処分するにはさまざまな方法があります。
粗大ごみとして出す方法、不用品回収業者や引越し業者へ依頼する方法、さらにはリサイクルショップ、ネットオークション・フリマアプリの活用など選択肢が豊富にあります。「すぐに現金化したい」というように手放す目的や「急ぐ・急がない」などその時の状況に応じて適切な方法で処分するようにしましょう。不要な家具があると部屋が狭くなり散らかって見えてしまいます。不要な家具は手放し部屋を広く使って気分を一新し、精神的にもリラックスできる環境を目指してくださいね!