不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

知らなきゃ危険!不用品回収業者に依頼した際のトラブルについて

インターネットや地元情報雑誌、チラシなどで不用品回収業者の広告を頻繁に目にする方も多いと思います。
あらゆる家電、家具などを何でも回収してもらえるため大変便利なサービスに感じますが、そのメリットに惹かれ利用した方がトラブルに巻き込まれる事例も増え続けています。
今回は不用品回収業者とのトラブル事例や回避方法についてご紹介させていただきます。

1.不用品回収業者に依頼して発生するトラブルとは?

不法投棄された家具

悪質な不用品回収業者を利用して発生したトラブルとして、下記のような事例があげられます。

・追加料金を請求される
「無料で回収いたします」と宣伝していたため実際に依頼したものの、不用品をトラックに積み込んだ後から駐車代や手数料などの追加料金を請求されるトラブルです。
適正価格以上の料金を徴収するために「積み込まないと料金がわからない」と見積金額を誤魔化したり、不明瞭な見積書を立てて顧客が詳細を理解していないうちに利用を促す業者も存在します。

・不法投棄
不用品回収業者に回収を依頼した後日、行政から不法投棄の連絡があり、ゴミの持ち帰りや罰金の納付を指導されるトラブルに巻き込まれるケースです。
不用品回収業者には処理費用を省くために転売ができる物だけを回収し、残りを山林や空き地に不法投棄する者も存在します。
不法投棄はゴミの持ち主が責任を負うことになりますので、もし利用してしまった場合は大変厄介です。

・部屋の壁や床に傷をつけられる
悪質な不用品回収業者はスタッフの育成、教育に力を入れていないことが多く、騒音対策や養生対策を行わずに不用品を搬出することがあります。
搬出中に壁や床に傷がついてしまった場合でも補償対象外であると断られ、弁償してもらえないトラブルが相次いでいます。不用品回収業者を利用する際は料金や作業内容だけでなく、損害補償に加入しているかについても確認しておく必要があるでしょう。

・威圧的な態度で支払いを強要される
依頼者が高齢者や女性だと判明すると、急に作業員の態度が豹変し、威圧的な態度で料金の支払いを強要する悪質な不用品回収業者も存在します。
利用を断ってもこちらが応諾するまでしつこく回収しようとするため、怖くなって必要のない高額な料金を支払ってしまうトラブルが発生しています。

2.こんな不用品回収業者には要注意!

0円と書かれた紙

悪質な営業をしている不用品回収業者の特徴として、「無料」「業界最安値」などの魅力的な言葉で利用者の気を惹こうと宣伝していることがほとんどです。
以下の特徴に当てはまる業者は利用を見送りましょう。

・「無料で回収します」と宣伝している
「皆様の不用品を無料で回収いたします」と宣伝しながら住宅街を巡回しているトラックや、無料回収の案内が書かれたチラシを配布している業者は悪質である可能性が高いです。
不用品を処分するときには必ず費用が発生しますので、回収費用が無料と説明されていても駐車料金や運搬料は有料、という罠が隠されていることがあります。

・会社情報があやふやである
不用品を無許可で回収している業者は電話番号やホームページを持っていないことが多く、トラブルが発生したときに連絡手段を把握することができない場合があります。ホームページやチラシで宣伝している業者でも住所や電話番号を記載していない場合があるため、トラブル発生後には泣き寝入りをせざるを得ない状況に陥る人も少なくありません。
不用品回収業者を利用する際は事前に会社情報をしっかりと調べておきましょう。

3.不用品回収業者とのトラブルに巻き込まれてしまったときは?

不用品回収業者とのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、お住まいの消費者センターへ連絡し、被害の内容を伝えましょう。
悪質な不用品回収業者は住所や電話番号を利用者へ伝えなかったり、領収書を発行しないなど連絡手段や証拠を残さずに去ってしまうことがありますが、回収依頼をした状況や業者のチラシなどの手掛かりがあれば対応してもらうことができます。

4.不用品回収業者とトラブルを起こさないためには?

手を前に出して断る女性

不用品回収業者とトラブルを起こさないためには、少しでも怪しいと感じた業者は利用しないことが大切です。
具体的な判断基準を以下にまとめました。

・極端に安い料金で営業している業者は利用しない
無料で不用品回収を行っている業者はもちろん、極端に安い料金設定で営業している業者は利用しないほうが賢明です。
基本料金は安くても、実際に回収を行ってから駐車料金、出張料金などの追加料金を次々と上乗せし、最終的には高額な料金を提示してくる可能性があります。
まずは複数の不用品回収業者の相場を調べ、廃棄する不用品の処分費用の相場、予算を頭の中に入れておきましょう。

・一般廃棄物処理業の許可・古物商の許可を持っている業者を選ぶ
不用品の回収、買い取りには一般廃棄物処理業、古物商の許可証が必要です。
一般廃棄物許可証は取得許可が下りにくく、違法行為をすると即時剥奪されるため、優良業者しか取得することができません。
産業廃棄物許可証を提示して正規の不用品回収業者をアピールする業者が存在しますが、こちらは工場などから出る産業廃棄物を回収する許可になりますので、ご家庭から出るゴミを回収すると違法と見なされます。

・詳しい見積もりを立ててくれる業者を選ぶ
見積りを立ててくれない業者は悪質な営業を行っている可能性が高いです。
料金が適正な金額であるかだけでなく、不用品ごとの回収費用や手数料などの内訳も何が含まれているのか把握しておく必要があります。
もし明らかに必要のない費用が見積明細に含まれている場合は、料金が発生する理由を質問してみましょう。
回収料金だけを記載して提示する業者は、回収作業後に追加料金を上乗せして請求してくるかもしれません。

5.優良な不用品回収業者を選ぶコツは?

訪問する男性と困る女性

では、安心して利用できる業者の特徴とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

・接客対応が丁寧であるか
優良な不用品回収業者は作業内容や金額内容を細かに伝えてくれるため、初めて利用する方への対応も丁寧です。
疑問に感じたことは遠慮なく質問し、誤魔化している点はないか、説明に苛立ちが混ざっていないかなど、挨拶や電話対応の様子から確認しておきましょう。
優良な条件が揃っていても、気軽に相談がしづらいスタッフが対応しているのであれば別の業者の利用を検討したほうがよいかもしれません。

・見積もり内容が明瞭であるか
見積もりを断られた場合、その業者は悪質な営業をしている可能性が非常に高いです。
見積もりは一社だけに依頼するのではなく、複数の業者との相見積もりをおすすめいたします。なぜなら、相見積もりを応諾してくれない業者は強引に契約を結ばせようとする怪しい業者であると判断することができますし、処分費用の相場を調べることもできるからです。他社よりも料金が高い場合でも契約前にキャンセルをすることができますので、不用品の処分を急がない場合はぜひ相見積もりを行ってみてください。

まとめ

不用品回収業者とのトラブル、対処法についてご紹介させていただきました。
地元で活動している業者だから、とご自宅の近くを巡回している業者やポストに入っていた広告から回収を申し込むことは大変危険です。
資格の有無、見積金額、回収後の不用品の行方などご自身のできる範囲で入念に調査し、しっかりと安全性を確認しながら利用するようにしましょう。もし業者の不正を指摘する自信がなければ、知人や家族に付き添ってもらいながら利用すると安心ですね。
「無料」や「最安値」などの言葉に騙されず、適切な料金で回収してもらえる業者を利用しましょう。