不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

部屋を片付けるコツとは?始め方から処分方法まで教えます!

部屋をキレイにしたいという思いは誰でも抱いているものですが、生活している以上部屋は散らかるものですし、その都度片付けるのは面倒なものです。しかし、コツと手順さえ理解できれば片付けはそう大変なことではありません。

今回は部屋の片付け方法と出てきた不用品の処分についてご紹介します。

1.部屋の片付けの始め方

散らかった部屋

部屋の整理メソッドについては多くの書籍や紹介記事が出ていますが、それらを有効活用するためにはまず整理に取り掛かることが大切です。

・まずは始めてみる
片付けは面倒くさいものです。やる気が出るまでつい先延ばしにしてしまう気持ちは分かりますが、やる気というものは無理に出すものではありません。やり始めてから自然に出てくるものです。

・目標を立てる
目標達成のためには 「終了日を決める」「そのためのスケジュールを立てる」ことが大切です。無理なく、かつできる限り時間をかけずに行えるようにスケジュール管理を行いましょう。

・細かいところから整理開始
まず取り掛かるのは小物入れのような小さい収納内の整理から。いきなり大がかりな整理から取り掛かると時間がかかり、結果としてモチベーションも下がってしまいます。

2.片付けのための4ステップ

片づけをする二人

次に具体的な片付け方について紹介します。工程は4ステップで考えると楽です。

1:まずは全部出す
収納されている品を一旦全て出してみると、いらない物が分かりやすくなります。
貴重な品や必要な品は手元に残し、それ以外の重複して持っている物や使っていない物、また破損している物は処分してしまいましょう。

2:必要、不要に応じて仕分ける
明確に使えなくなっている物であれば処分の判断を下しやすいですが「まだ使える」「この先必要になる気がする」ような微妙な品は判断に迷ってしまうはずです。そのような場合は1年以内にその品を使った、もしくは必要に感じたかどうかを思い出してみましょう。そのどちらにも当てはまらないなら処分して問題ないと思います。

3:いらない物を処分する
自治体の規定に従い、不要な品を処分します。あまりに大量に出すと注意を受ける可能性があることや品物によっては一般ゴミとして出せない場合もあるため注意が必要です。
また、ゴミの回収日に合わせて片付けのスケジュールを立てればスムーズに片付けられます。

4:収納
ここまで終われば元通りに仕舞い直します。この際に必要な物は取り出しやすい場所、そうでない物は奥の方へとちょっとした工夫をするだけでこれからの生活がちょっと便利になります。

これを収納ごとに行っていきます。場所や品種が変わっても工程自体は同じです。

3.品種別の片付け方

続いては品種ごとの仕分け方法についてご紹介します。先述した「1年以内にその品を使った、もしくは必要に感じたかどうか」を肝に銘じて作業するようにしてください。

・洋服
これは単純です。よく着る服とそうでない服を分けていきます。サイズアウトした物や買ったはいいけど好みに合わない物は躊躇せずに手放してしまいましょう。

・CD・DVD類
どちらもケースがかさばりやすい特徴があるため「あまり聴かなくなった」「収納スペースを空けたい」という場合は思い切って手放してはいかがでしょうか。コレクション品などを大量に処分したい場合は売却に出すのがおすすめです。特に、まとめてフリマアプリに出品すれば高額で売れる可能性もあるのでぜひお試しください。

・本
本はよく読む本やお気に入りの一冊など必要・不要がはっきり分かりやすいジャンルです。中でもいわゆる”積み本”は部屋が散らかる原因にもなりますので、貴重な物でなければ売ってしまうのもいいでしょう。また、スキャナーを使って紙の本を電子データにする”自炊”を行えばより部屋がスッキリします。

・小物
小物は「1:よく使うもの」「2:たまにしか使わないが必要なもの」「3:必要ないもの」の3種類で仕分けていきます。薬なら「1:リップクリームや洗顔料」「2:風邪薬や頭痛薬」「3:使用期限が切れたもの」といった感じです。

・思い出の品
記念品や写真など、実用性はないし別に毎日必要になるわけでもない思い出の品は無暗に捨てず、段ボールなどにしまって収納の奥に入れておくのがおすすめです。

4.出てきた不用品はどうやって処分する?

粗大ゴミ

出てきた不用品は自治体の指示に従って処分する必要があります。
しかし、品物によっては分別が面倒な品もあり、CDならケースをプラゴミ、歌詞カードを燃えるゴミ、CD自体は自治体に問い合わせて……と細かい分別が必要になります。加えて、それぞれの回収日まで分別後のゴミを部屋の中に置いておかなければいけないため、部屋は片付いたのにゴミが残っているというイヤな状況になってしまいます。

どうしても緊急でゴミを処分したい場合はお住いの地域のゴミ処理施設への持ち込み、不用品回収業者への依頼を検討するのも手です。使わない家具や交換した畳のような大型の物はゴミ処理施設、その他の細々した物や家電類などは不用品回収業者に依頼するといったように品物に合わせて利用する方法を選びましょう。ただし、ゴミ処理施設は事前に予約が必要な場合があることや、不用品回収業者の中には高額な請求を行う悪徳業者もあるので、きちんと選ばないと後悔する恐れがあるなどデメリットがあることも覚えておいてください。

5.部屋を散らかさないためにできること

ここまで片付け方法について解説してきましたがそもそもの話、部屋を散らかさなければ片付け自体いらないのも事実。一度片付けが終わったら、次は部屋をキレイに保てるように生活を見直してみましょう。

・こまめに手放す
物が多くなりすぎないようにいらないものは適度に処分するようにしましょう。
近年はフリマアプリなどで幅広い品を売却という形で手放せるようになったため、ちょっとした副収入を得ながら片付けができるようになりました。「これは売れるかも」と考えながら作業をすれば仕分けのモチベーションにつながるかもしれません。

・物を増やさない
一つ買ったら一つ減らすくらいの気持ちでいれば部屋が物であふれることはありません。特に趣味の品などついつい買ってしまうような品は適度に整理することをおすすめします。

・収納場所を決める
部屋が片付いていないというのはつまるところ、物が収納されずに散らかっていることを指します。本は本棚に、服はクローゼットに、きちんとした場所に収納するだけで部屋は散らからなくなります。物を床に置かないようにする、と言い換えてもいいでしょうか。

・掃除はこまめに
掃除を一日がかりで行う一大イベントと捉えず、習慣として身につけてしまえば部屋は散らかりにくくなります。掃除機掛けとまでいかなくても空いた時間を使ってワイパーで床を拭いたり、散らかっているものを収納スペースに戻したりするだけで大丈夫です。

・片付けなければいけない状態を作る
やや荒療治ではありますが、人を招待したりしてキレイな状態を保たざるを得ない状況に自分を追い込むのも有効な手段です。

まとめ

部屋の片付けは「品物は一旦全て取り出す」「必要な品とそうでない品を仕分ける」「不用品は適切に処分する」ことの3ステップで完了します。部屋を片付けるのにそう複雑な手順は必要ありません。大切なのはキレイにしたいという気持ちと実際に行動を起こせるかどうかです。大切な品物ばかりでどれも手放せないと思っている方でもまず手を動かしてみることがキレイな部屋を作るための第一歩。ぜひ試してみてくださいね。