不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

バイクや原付を処分したい!賢く捨てる方法をわかりやすく解説!

もう乗っていないバイクや原付を処分したいとお考えの方はいませんか?
手順さえ理解すれば簡単に手放せますので、気になっている方はこの記事を参考に実行に移してみてはいかがでしょうか。

1.バイク・原付の種類と処分手続き

大量のバイク

バイクの処分は大まかに「廃車手続き」と「車体の処分」の2工程で行えますが、この章では廃車手続きについて紹介します。車体の種類によって細かな手続きと持ち物が変わります。

【はじめに】
車体に関わらず、廃車手続き(抹消登録)には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。前者は文字通り永久にバイクを利用しない場合の方法で、後者は長期間バイクに乗る予定がない場合などに一時的に登録を抹消する方法です。

自分がどちらのケースに当てはまるかを判断したうえで手続きを行うようにしましょう。


【スクーター(原付バイク)と125cc以下のバイク】
・場所
廃車手続きは各市町村役所で行えます。

・持ち物
ナンバープレート
購入時にもらえる標識交付証明書
印鑑
廃車申告書(役所または自治体ホームページからダウンロード可能。記入して持っていく)


【軽二輪自動車】
・場所
125cc以上で250cc以下のバイクは軽二輪自動車扱いとなり、役所ではなく運輸支局での手続きが必要になります。

・持ち物
軽自動車届出済証返納届出書
軽自動車届出済証明書交付請求書(解体処分する場合は必要ない)
↑上記2点は陸運局で入手できます。
ナンバープレート
車検証
自賠責保険証明書(期限が残っていれば)


【小型二輪自動車】
・場所
251cc以上のバイクは小型二輪自動車として扱います。カテゴリーとしては自動車と同じですね。こちらも各運輸支局で行います。

・持ち物
OCRシート第3号様式の2 申請書
手数料納付書
軽自動車税申告書
↑上記3点は運輸支局で入手できます。
ナンバープレート
印鑑
自動車検査証

2.処分する際の注意点

廃車になったバイク

続いては車体の処分です。以下の3点に注意して適切な方法で処分するようにしましょう。

【1:保険の確認】
処分手続き後には自賠責保険の解約手続きを行いましょう。有効期限が残っていれば保険料が戻ってきます。これを忘れていると還付される金額が減るばかりか、本来なら払う必要がない自動車税を払うことにもつながります。

【2:周辺部品は自分で処分する必要がある】
車体は回収してくれる業者でも、ヘルメットや替えのエンジンオイルなどの周辺部品の回収には対応してくれない場合があります。品種によっては粗大ごみ扱いとなるものもあるため、自分で処分方法を調べて適切に処分する必要があります。

【3:不法投棄になることも】
上記に関連したことですが不適切な方法での廃棄処分はもちろん、バイク本体を許可なく置き去りにすることは不法投棄であり、5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が課せられます。「魔が差した」「面倒だった」では済まされないことですので、絶対にしないように心がけましょう。

3.バイク・原付は売れる?判断基準は?

カバー付きのバイク

ここまでは廃棄処分に注目して紹介してきましたが、どうせ手放すのなら売却を検討するのもおすすめです。ちょっとした臨時収入につながるだけでなく、手元を離れた後も愛車が新天地で活躍していると考えれば手放す罪悪感も和らぐのではないでしょうか。

しかし、売却が成立するかどうかは車体の状態に大きく左右されます。具体的には

・年式の新しさ
・車体に傷がない
・よく手入れされている
・故障個所がない


以上の4点の条件を多く満たしていれば売却のチャンスがあるといえるでしょう。

4.バイク・原付を手放す方法

バイク査定

バイクを手放す方法には先ほど紹介した売却の他に「廃棄二輪車取扱店」「不用品回収業者」「買取業者」「個人間の譲渡」が挙げられます。それぞれ、

「廃棄二輪車取扱店・不用品回収業者など専門業者への依頼」
専門業者ゆえの処分の確実さや手間のかからなさ

「買取業者への依頼」
買い取りしてもらえるので収入につながる

「個人間の譲渡」
値段交渉が可能。そのため高く売却しやすい

というメリットがあります。個人間での譲渡も非常に有効な方法ではあるのですが、名義変更など所定の手続きを踏む必要があったり、第3者が間に入らないことでトラブルに巻き込まれたりと、取引に慣れていない場合はおすすめできません。そのため、初めてバイクを手放す場合は業者へ依頼するのが確実かつ安全です。

5.バイク・原付処分を業者に依頼するメリット・デメリット

業者の見積もり

廃棄二輪車取扱店・不用品回収業者は処分する場合に、買取業者への依頼は買取を目指す場合といったように役割が違います。3章で解説した方法を使って手放したいバイクを吟味し、適切な業者を選びましょう。

続いて、それぞれの方法のメリット・デメリットをご紹介します。

【廃棄二輪車取扱店】
・メリット
「二輪リサイクルシステム」の対象者であれば、こちらの相談に乗ったうえで回収、確実にリサイクル・リユースを行ってくれます。この場合はリサイクル料金は無料なため、自己負担なしでバイクの処分が行えます。

・デメリット
排気量や車種を問わず回収してもらえますが、この条件が適応されるのはハンドルやフレーム、タンクや車輪などバイクとして使うために不可欠な部品、すなわち基幹部品が揃っている場合に限ります。

また、車体は自力で所定の場所まで持ち込む必要があり、それが難しい場合は販売店に運搬を依頼する必要があり、その際の費用はこちらの負担となります。そのため、最寄りに店舗がない場合には手間・費用の面から敬遠されることも多い方法です。


【不用品回収業者】
・メリット
不用品回収業者の強みは回収可能な品の幅広さにあります。廃棄二輪車取扱店では回収してもらえない部品ごとの回収も可能ですし、希望すれば家まで車体を取りに来てくれるため運搬手段がない場合でも安心です。

・デメリット
不用品回収業者と言ってもピンからキリまであります。中には追加料金と称して高額な作業料金を請求したり、適切な資格を持っていないため回収品を不法投棄するような悪質な業者も存在しています。そのような業者を避けるために信頼できるところに依頼したいところですが、処分費や運搬費などの雑費を含めて依頼すると料金がかさむうえ、人気業者ともなると予約が取りづらくなるのも難点です。


【買取業者】
・メリット
乗らなくなったバイクが副収入に代わるのがメリットです。不用品回収業者と同じように自宅まで取りに来てくれるうえ、名義変更などの煩雑な手続きも代行してくれるため、こちらから特別な作業をする必要がなく安心して利用できます。複数の業者へ同時に査定をお願いできるサイトも多く存在するため、自分が納得できる価格で売却が行いやすいことも嬉しいポイントです。

・デメリット
”愛車”の名の通り、バイクや原付は使えば使うほど愛着が湧くもの。そんな愛車を見積もりに出したら予想以上に安い査定額を提示されて愕然とした、というエピソードを多くの方が経験されています。気持ちが落ち込むだけならまだいいですが「手放す」という目的から「高く売る」に目的がすり替わってしまい、時間ばかりを費やしてしまうことになっては本末転倒です。

そもそも状態によっては値段すらつかないことも多々あるので「売れればいいか」くらいの気持ちで利用するのが一番……とはいえせっかくなら高く売りたいし……と自分が何を求めているのかを自覚できないと利用するのが難しい方法です。

まとめ

バイクの処分に必要なのは「廃車手続き」と「車体の処分」の2工程です。
バイクの種類に応じて必要な手続きを行う場所が異なりますので、きちんと調べたうえで行うようにしましょう。また、処分だけではなく売却できる可能性もありますので、自分のバイクは処分と売却のどちらに適しているか適切に判断して行動することが充実した愛車との別れにつながります。