不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

正しいスプレー缶の処分方法は?危険な捨て方もあわせて解説!

ゴミの回収ルールは自治体によって異なりますが、年々分別が厳しくなり、取り扱いに注意しなければならないものが増えてきています。その筆頭とも言えるのが、スプレー缶です。処分方法がわからず中身を残したまま放置している方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は取り扱いに困るスプレー缶の処分方法をわかりやすく解説しておりますので、ぜひ参考にしていただき、正しい方法で安全に処分してください。

1.スプレー缶の種類

キャップで色分けされているスプレー缶

①生活用品
ヘアケア用品や消臭剤、脱臭剤などのスプレーです。基本的に人体には無害な製品なので中身が残っている場合でも処分に困ることはあまりないかもしれません。
②殺虫剤
家庭用の殺虫剤は毒性は低いものの、大量に噴霧すれば健康にも害を及ぼす恐れがあります。
③塗料
プラモデルや模型作りが趣味という方にはスプレー式の塗料はお馴染みかもしれません。残った中身はそこら中にまき散らすわけにもいかないため、始末に困りため込んでしまうことの多い製品です。
④LPガス
カセットボンベに使用するガスです。数年間使用可能ですが、缶に錆が発生すれば中身が残っていても処分するようにしてください。

上記のようにスプレー缶には様々な種類があります。スプレー缶の中身にはガスが含まれているため通常のゴミよりも危険であるとしっかり認識しておかなければなりません。取り扱いに注意しながらルールを守って適切に処分しましょう。

2.スプレー缶を処分するための正しい手順

黒いボードを体の正面に持って何かをアピールしている男性

1.中身を空にする
スプレー缶には毒性のある成分が含まれているものなど種類によって含まれるガスは異なりますが、常に引火する危険性を伴います。中身が入ったまま処分してしまうと、ゴミを収集する際に爆発する恐れがあり非常に危険です。基本的にはどの種類であっても中身は危険なものだと認識しておき、正しい方法で処分するようにしてください。中身の処分の仕方は次章で詳しく説明します。

2.中身がわかるように透明の袋に入れる
中身を捨てたスプレー缶は、透明な袋の中に入れるようにしてください。そうすればゴミの収集員が回収時に袋の中身を確認することができます。ロゴ入りの袋の使用も認められているなど自治体ごとで細かいルールは異なりますので、必ず確認のうえ処分しましょう。

3.自治体の回収日に指定場所に捨てる
スプレー缶の回収日や場所は各自治体によってルールが定められています。ゴミ出しルールの冊子や自治体のホームページに詳細が掲載されていますので、そちらの内容に沿って処分してください。

3.スプレー缶の中身を処分する3つの方法

黄色い液体を噴射するスプレー缶

1.空気中に放出する
消臭スプレーやヘアスプレーなどのガスの場合は危険性が低いため、空気中に出し切って処分できます。しかし、屋内で放出するのは絶対に避けるようにしてください。必ず屋外で周囲に火の気がないことを確認したうえでガスを出しましょう。もちろん、毒性のあるガスは放出しないよう注意してください。

2.穴あけ器でスプレー缶に穴をあける
スプレー缶に穴をあけて中のガスを抜く方法もあります。スプレー缶専用の穴あけ器はホームセンターや100円ショップなどで簡単に入手できます。購入を渋ってキリやハサミなどを代用して穴をあけるのは絶対にやめましょう。穴をあけると中身が勢いよく噴出したり、あけるときに金属の摩擦によって火花や静電気が発生して引火したりする恐れもあります。穴あけ器は中身を使い切ってから最後に少し溜まったガスを抜くために使用する、と考えていただいたほうが安全だと思います。
また、スプレー缶に穴をあける行為を禁止している自治体もあります。処分時にはお住まいの自治体のルールを守って処分してください。

3.新聞などの紙類に染み込ませる
空気中への放出が気になる方は、新聞やトイレットペーパーなどの紙類に向かって放出する方法を推奨します。ビニール袋の中に紙類を入れて放出するようにしましょう。この場合も屋内ではなく必ず風通しの良い屋外で作業をしてください。屋内で行うと部屋中にガスが蔓延して一酸化中毒に陥ったり、給湯器やガスコンロを使用する際に引火したりする恐れがあり非常に危険です。絶対にやめてください。

どの方法で処分するとしても、スプレー缶は「危険物」だという認識を持って正しく処分してください。

4.スプレー缶を処分するときに注意すべきこと

青いクリップボードのメモを注意深く見つめる半袖の男性配達員

1.服装や場所に注意する
スプレー缶の中身によっては放出時に服に付着する恐れがあるため、汚れてもいい服装で処分するようにしてください。特に空気が乾燥している冬場は重ね着をしていることも多く静電気が発生しやすいので、引火しないように注意を払う必要があります。
また、作業中は手袋や軍手を必ず用意し、ガスを吸い込まないようにマスクを着用すれば危険性が回避できます。
最も注意しなければならないのが作業場所です。作業は必ず風通しの良い屋外で行ってください。一軒家であれば庭で、マンションなら窓や扉をしっかりと閉じた状態で、かつ隣の人が窓を開けておらず洗濯物を干していないかを留意したうえで作業するように気を付けましょう。

2.自治体のルールを守って処分する
スプレー缶の処分方法は自治体ごとに異なります。中身を出し切ってから缶に穴をあけるようにルールを設定している自治体もあれば、中身を出し切れば穴をあけずそのまま出してもいい自治体もあります。さらに、透明のゴミ袋に「危険」と書いて出さなくてはいけないような自治体もあり、実に様々です。処分する際にお住まいの自治体に問い合わせたり、ホームページで閲覧したりして処分時の決まり事を事前に確認しておくようにしてください。

3.スプレー缶の種類によって処分方法は異なる
先にも述べましたがスプレー缶には様々な種類のものが存在しているため、それぞれに適した方法で中身を処分しなければなりません。
例えば、殺虫成分が含まれている殺虫剤のような薬剤系のスプレー缶は環境にも大きな影響を及ぼします。引火性も高いため空気中に噴出するのではなく、紙に吸わせて中身を空にする方法が最適です。また、カセットコンロに用いるスプレー缶にはLPガスが含まれています。空気中に噴出しても問題ありませんが引火する恐れがあるため、作業には十分な注意を払い、必ず出し切ってから処分するようにしてください。ヘアスプレーなどのスプレー缶はビニール袋の中に新聞などの紙類を入れて、そこに噴射して処分するようにしてください。空気中に放出すると周辺を汚す恐れがあるため、屋外で放出するのは避けたほうが良いでしょう。

スプレー缶は誤った方法で処分すると大きな事故につながることがあります。数年前にも大量のスプレー缶を適切に処理しなかったために大規模な爆発事故が発生しました。スプレー缶は危険物だという意識をしっかりと持って正しい方法で処理しなければ大事故を引き起こしかねないのです。スプレー缶の処分方法に迷ったときは自治体や製造元に問い合わせて確認すれば教えてもらえます。わからないからといって適当な方法で処分するのだけは絶対にやめてください。

5.スプレー缶の処分って無料?有料?

日本の硬貨と電卓、貯金豚の親子

1.自治体は無料回収
自治体の回収には費用はかかりません。普段出している可燃ゴミや不燃ゴミと同じように指定日にゴミステーションへ出しておけば回収してもらえます。ただし、中身を適切に処理して指定された方法で処分しなければ回収されないこともあるため、ルールを守って正しく出すようにしましょう。

2.有料でも不用品回収業者なら大量に回収してくれる
不用品回収業者といえば家具や家電製品などの回収イメージが大きいかと思いますが、スプレー缶などの処理に困る品物や製品にも対応してもらえる場合があります。自宅の不用品だけではなく工場や事務所から出る事業系ゴミの回収にも対応している業者が多いため、スプレー缶の大量処分や倉庫に眠る不用な在庫品などを整理したい場合もまとめて回収してもらえます。業者に回収を依頼すれば費用はかかりますが、その一方で種類ごとの分別や搬出などの面倒な作業もすべて請け負ってもらえるため、一切の手間を省いて処分することができるというメリットがあります。

まとめ

スプレー缶の中身は種類によって異なるため、それぞれに適した方法で中身を出し切らなければなりません。その方法がわからず中身が残ったまま処分してしまうと大きな事故につながる恐れがあります。本コラムでは中身を正しく処分する方法を詳しく解説していますので、ぜひ実践して安全を第一に考えて処理するようにしてください。
スプレー缶は中身を完全に出し切ってからそれぞれの自治体が定めた方法でゴミとして処分できます。ただし、スプレー缶は「危険物」だという意識を常に忘れず、処分方法に少しでも迷えば自治体や製造元に確認するようにしてください。また、大量に処分したい場合は不用品回収業者に回収を相談してみるのもおすすめです。