不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

さいたま市で粗大ゴミを処分する際のポイントを徹底解説!

さいたま市内で粗大ゴミを処分する際には自治体への回収依頼、もしくは専門業者への依頼が必要になります。いざとなって慌てないように回収依頼方法を確認しておきましょう。

1.さいたま市で粗大ゴミ扱いとなる品

粗大ゴミを積み上げる

さいたま市では一辺の長さまたは直径が90センチ以上2メートル未満のゴミを粗大ゴミとして扱い、処分には1品につき550円の処理手数料がかかります。一般家庭で出る品で言えば自転車やベッド、机などが該当するでしょうか。以上の条件に加えて、スプリング入りのマットレスやタイヤなど一部の品は特定適正処理困難物に分類され、通常の粗大ゴミよりも処理手数料が高額になります。(1品につき1,100円~2,200円)

これらの品物は燃えるゴミのようにただ収集所に出すだけでは回収してもらえないため、きちんとした手順を踏んだうえで回収を依頼する必要があります。

2.さいたま市での粗大ゴミ回収依頼方法

Pleaseの文字

さいたま市に粗大ゴミ回収を依頼する場合、戸別収集と処分施設への持ち込みの2種類の方法を選べます。それぞれ依頼方法をご紹介します。

【戸別回収の申し込み方法】
1:回収希望品のサイズを測る
この際に測るのは高さ・横幅・奥行です。申し込みの際に確認されるので、忘れずに測って控えておきましょう。

2:粗大ゴミ受付センターに連絡する
続いては市の粗大ゴミ受付センターへの予約です。電話番号(048-840-5300)に月~金曜日の午前8時30分から午後5時までに電話をしましょう。祝日も受け付けてくれますが、土・日曜日と1月1日~3日は受付を行っていないので注意が必要です。

この予約の際には
・ゴミの種類とサイズ
・個数(1回につき4個まで)
・電話番号
・氏名・住所


以上4点の必要事項を確認されます。また「粗大ゴミの種類に合わせた処理手数料」と「回収日程」「収集場所」「処理券に記入する受付番号」を伝えてもらえるのでメモを取っておきましょう。

3:処理手数料納付券を購入する
受付センター予約の際に告げられた金額分の「粗大ゴミ等処理手数料納付券」を市内のコンビニ、各区役所くらし応援室、支所、市民の窓口のいずれかにて購入します。

4:ゴミを出す
処理券の記入欄に予約時に聞いた収集日・受付番号・ゴミの種類を書き込み、ゴミの見えやすい場所に貼り付けます。あとは指定の収集場所に当日の午前8時30分までに品物を運び込んでおくだけです。この際の立会いは不要なので、出した時点で処分は完了です。

【施設への持ち込みの場合】
1:最寄りの処理施設を確認する
さいたま市内の処理施設は「西部環境センター」「東部環境センター」「クリーンセンター大崎」「桜環境センター」の4か所あります。
当然最寄りの施設に持ち込むことになるかと思いますが、東部環境センターは施設の建て替え工事に伴い、令和2年3月21日をもって燃えるゴミ以外の持ち込みを中止しています。また、持ち込みができない品もあるので、無駄足を踏まないように持ち込み希望の場所へ事前に確認の電話をすることをおすすめします。

2: 予約の有無を確認する
これらの処理施設は平日は予約不要ですが、土日・祝日に搬出する場合には事前に予約が必要です。(050-3033-8229)自分の持ち込み希望日に合わせて予約が必要かどうか判断しましょう。

3:持ち込む
後は回収希望の品を処理場まで持ち込むだけですが、2点注意点があります。
1つはさいたま市在住の連絡した本人が持ち込むこと、2つ目は受付時に必要になる住所確認のできる免許証などを忘れないことに注意してください。失念していた場合、回収を断られることがあります。


続いては それぞれに依頼するメリット・デメリットについて解説します。

3.戸別回収と持ち込みそれぞれのメリット・デメリット

メリットとデメリット

戸別回収と持ち込みにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
自分の処分したい粗大ゴミの性質に合わせて選ぶことをお勧めします。


【戸別回収】
メリット
・料金が安い
かかるのは回収手数料のみ。回収場所によっては徒歩で搬出することもできるので交通費すらかけずに処分できます。
・出すのが簡単
指定される回収場所は家の玄関前もしくは近隣のゴミ収集所のため、重い粗大ゴミを遠くまで運ぶ必要がありません。高齢者やゴミ捨てに時間をかけたくない人でも安心して利用できます。

デメリット
・日時を指定できない
回収日時は予約の空きを基にして決まり、行政に指定されるのでこちらから回収日を希望することはできません。また、収集日の8時30分には出しておかなければいけないルールが仕事や生活スタイルにとって厳しいものになることもあります。
・プライバシーの問題
氏名付きの理手数料納付券を貼り付けて出す必要があるため、近隣の方に何を捨てたのか見られてしまう可能性もあります。

【持ち込み】
メリット
・平日ならすぐ処分できる
土日の利用の場合は予約が必要ですが、平日の場合は予約なしでも処分が行えます。
引っ越し時など急いで処分したい品がある場合は非常に便利です。
・品物によっては戸別回収より安くなることも
持ち込みの場合はゴミの重さによって料金を算出します。100キログラム以上であれば【ゴミの重さ×(20円×税/10キログラム)】で計算し、100キログラム未満であれば無料で回収してもらえます。戸別回収の場合は最低でも1品550円ですが、品物の重さによっては持ち込みの方がお得に処分できる可能性があるのがメリットです。

デメリット
・搬出を自分で行う必要がある
搬出を自力で行わなければいけないのは戸別回収と同様ですが自宅から一番近い回収場所を指定される個別回収と違い、回収センターから遠い地域にお住いの場合は現地まで自力で向かう必要があるのがネックになります。車を持っていなかったり、汚れた粗大ゴミを積み込むのが億劫だったり搬出に対する悩みは尽きません。
・回収してもらえない品もある
粗大ゴミとしての条件を満たせば何でも回収してくれるわけではありません。
特に持ち込みの場合は予約がいらないメリットを活かしてアポなしで持ち込んだ結果、回収を断られて無駄足……というケースも多いので、事前に回収できない品をきちんと把握しておくことが大切です。次章で詳しく説明します。

4.さいたま市内で回収してくれないもの

大量の粗大ゴミ

粗大ゴミの中には自治体での回収が行えない品もあります。

・家電4品目
家電リサイクル法により、家電製品は廃棄処分にせずリサイクル可能な部品・材料は再利用することが法律で義務付けられました。すなわち、自治体で回収・処分することができなくなったのです。先述の「家電4品目」には冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機が該当し、これらの品を処分する際には家電量販店に引き取ってもらうか一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼する必要があります。

・危険物
ガスボンベや消火器のような爆発の恐れがある品や、農薬・劇薬類など有害性のあるごみのような危険物は回収されません。

・さいたま市外で出た粗大ゴミ
さいたま市の自治体が回収するのは、さいたま市民が出したゴミだけです。
そのため、持ち込み・回収依頼の際には必ず住所確認が行われるのです。

5.さいたま市内で処分できない場合は?

スマホで検索をかける女性

4章で紹介した回収できない品も以下の方法で処分できる可能性があります。

回収業者に依頼する
俗にいう不用品回収業者のこと。回収費のほかに作業料金や人件費がかかるため、自治体に依頼するよりも料金が高くつくのがネックですが、品物の梱包から搬出まで全ての作業を任せられることや回収可能な品数に制限がないことなどメリットも多いです。
特に自治体で回収できない直径2メートル以上の粗大ゴミを処分する際には重宝するはずです。

売却
完全なゴミの場合は難しいですが、まだ使える家電類や高級家具など中古市場で需要がある品であれば処分ではなく売却を検討するのも一つの手です。市内のリサイクルショップを利用するのもいいですが、近年ではフリマアプリやオークションを利用して売却するのが主流となってきていますので幅広い品を気軽に売却することができます。

まとめ

ご自身がお住まいの地域や処分したい品に合わせて、ここまで紹介した方法をきちんと吟味することが快適な粗大ゴミ処分への第一歩です。よく検討してみてください。