不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

名古屋市で粗大ゴミを捨てたい!正しく処分する方法とは?

粗大ゴミは一般ゴミとは違い、事前に収集予約を入れないと処分することができません。事前準備をしないまま普段のゴミ捨て場に投棄しても収集されず、他の住民への迷惑となってしまいます。
今回は粗大ゴミを名古屋市のルールに従って正しく処分することができるよう、費用や事前の準備、手順などをまとめました。
名古屋市にお住まいの方はもちろん、名古屋市への引っ越しをお考え中の方もぜひ参考にしていただければと思います。

1.名古屋市での粗大ゴミの対象品目は?

名古屋市では30センチ四方を超える大型ゴミが粗大ゴミの対象になります。
粗大ゴミは一般ゴミとは違い、250円以上の処理手数料を支払って処分をしなければいけません。
粗大ゴミ手数料の大体の目安は以下の通りです。

・手数料が250円の粗大ゴミ
換気扇
こたつ
ラジカセ
炊飯器
布団
脚立
パソコン用プリンター

・手数料が500円の粗大ゴミ
ガスコンロ
ストーブ
ホットカーペット
流し台
自転車

・手数料が1000円の粗大ゴミ
オルガン
電子レンジ
ベビーベッド
仏壇

・手数料が1500円の粗大ゴミ
電子ピアノ
ベッドフレーム
食器棚

手数料はスーパーやコンビニなどの指定販売店で手数料納付券を購入することで納めることができます。
手数料納付券は250円券と500円券の2種類があります。原則として払い戻しは対応してもらえませんので、必要な手数料分のみを購入してください。

2.粗大ゴミを収集してもらう方法は?

黒字のカレンダー

名古屋市で粗大ゴミを出す方法ですが、事業所に収集を依頼する方法と自分で処理施設まで持ち込む方法があります。
粗大ゴミを収集してもらう場合は、まずは電話やインターネットで粗大ゴミ収集の事前申し込みをする必要があります。
名古屋市では自分の好きな日程に収集申し込みをすることができません。毎月一日、地域ごとに決められてる収集日にのみ予約を入れることができますので、事前にご自身がお住まいの地区がいつ粗大ゴミを回収しているのかを把握しておきましょう。
電話で収集申し込みをする場合は、午前9時から午後5時の間に粗大ゴミ受付センターへ連絡し、捨てたいゴミの品目と個数などを伝えます。その後に収集日、ごみを出す場所、手数料、受付番号などを教えてもらえますので、メモを取ることを忘れないようにしましょう。
インターネットでは24時間365日、いつでも粗大ゴミ収集の事前申し込みが可能です。また、申し込み内容の変更、取り消しはインターネットから行うことができず、電話窓口の受付時間に電話をかけて手続きを行ってもらう必要があります。
いずれかの方法で回収を申し込んだ後は、粗大ゴミの処分手数料納付券をスーパーやコンビニなどで購入し、氏名と受付番号を記入します。そしてそのシールを粗大ゴミの見やすい場所に貼りつけておき、当日の指定された場所に出しておけば処分は完了です。
木材などの長い物を処分するときには長さ1.5m、直径15cm以下に切断し、一つに縛っておきます。
石油ストーブ・石油ファンヒーターは灯油を完全に抜き、乾電池を外してください。

3.粗大ゴミを処理施設に搬入する方法は?

砂利道を走る軽トラック

ご自身で粗大ゴミを処理施設に搬入する場合は、事前申し込みをする必要はありません。ですがゴミの結束、破砕などの前処理が必要な物や引き取ってもらえない物を誤って持ち込まないように、事前に処分する予定の粗大ゴミの品目を伝えておくことをおすすめいたします。
まずはお住まいの近くにある環境事業所で手続きをしてください。
搬入する予定の粗大ゴミを車に積んだ状態で手続きを行った後は、当日の午前8時45分から午後3時40分の間に処理施設へ運搬します。
そして処理施設で計量が行われ、10kgごとに200円の処理手数料を請求されます。処理手数料は現金のみで支払うことができます。小切手やクレジットカードでの支払いは対応していないため、必ず現金を用意しておきましょう。

4.名古屋市で収集してもらえない粗大ゴミは?

廃棄されたテレビ

名古屋市では家電リサイクル法の対象となる家電、家庭用パソコン、事業所での処理が困難な物は粗大ゴミとして回収してもらうことができません。

・家電リサイクル法の対象となる品目
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などは家電リサイクル法の対象品目とされ、粗大ゴミとして回収してもらうことができません。
生活家電には資源として再利用できる部品が内蔵されているため、処分場ではなくリサイクル工場によって解体されます。
不用になった家電を処分する場合は、購入した家電量販店に連絡して引き取りを依頼しましょう。
買い替え、古くなった家電の破棄など目的に関わらず、店舗に引き取りを依頼した場合はリサイクル料金を支払う必要があります。また自宅への収集を依頼した場合は収集運搬料金も請求されます。

・家庭用パソコン
デスクトップパソコン本体、ディスプレイなどの家庭用パソコンは資源有効料促進法に基づき、メーカーに郵送することで回収してもらうことができます。パソコンには精密機械や貴金属が豊富に組み込まれているため、資源として再利用することができるのです。
プリンター、スキャナー、外付けドライブなどはリサイクルの対象ではありません。パソコン関連の家電として間違えて持ち込まれる件数が多いため注意してください。こちらは粗大ごみ収集や後述するリサイクルボックスを利用して処分するようにしましょう。

・事業所での処理が困難な物
ガスボンベや消火器、車のタイヤやバイクなどは市の施設では処理が困難な物とされ回収してもらうことができません。
これらの物は購入した店舗によって無料回収を行っている場合が多いです。購入した店舗へ連絡し、不用になった処理困難ゴミを回収してもらえるか相談してみましょう。

5.リサイクル処分を活用しよう

黒いCDプレーヤー

名古屋市では粗大ゴミとして回収した物のうち、再利用が可能であると判断された家具はリユース家具として展示販売が行われます。
市が生活家具のリユースに取り組んでいる事例は大変珍しく、名古屋市が物を大切にし、ゴミを減らす意識が高い街であるということが分かります。
名古屋市内では家具だけでなく、着なくなった衣類・使わなくなった布類の回収、小型家電の無料回収も行われています。小型家電回収ボックスは名古屋市内の家電量販店や市役所に設置されており、縦15cm×横40cm×奥行25cm以下の回収ボックスに入る大きさの家電であれば無料で処分することが可能です。
スマートフォンやゲーム機、CDプレーヤー、デジタルカメラなどあらゆる家電が回収対象とされていますが、プリンター、ワープロ、炊飯器、アイロンなど回収品目に該当していない物もありますので、事前に市のホームページで確認しておくことがおすすめです。

まとめ

名古屋市では他県と比べて幅広い品目の粗大ゴミを引き取ってくれます。ただし回収日は毎月1日と限られていますので、回収予約やゴミ出しの準備は忘れずに行っておくことが大切です。
事業所が指定した日程に出すことが難しい場合は、不用品回収業者の利用も検討してみることをおすすめいたします。
依頼主の都合のよい日程に最大限合わせて訪問、回収を行ってくれます。回収費用は市の収集よりも高くなってしまいますが、自宅からの搬出や解体も行ってくれるため利便性はこちらのほうが高いと言えるでしょう。ご自身の都合や予算に合わせて利用してみてください。