不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

横浜市で粗大ゴミを捨てるには?お得に処分する方法をご紹介!

横浜市でイスや本棚などの粗大ゴミを処分する場合は、「粗大ゴミ回収センター」まで連絡をする必要があります。回収料金を支払う必要があるため、申し込み後は回収券を購入し、粗大ゴミに貼り付けておかなければいけません。今回は横浜市内での粗大ゴミの捨て方、そして粗大ゴミの処分費用を抑えるお得な処分方法についてご説明いたします。

1.横浜市での粗大ゴミの出し方は?

家庭から出すゴミのうち、金属製品で最長辺が30センチメートルの物、プラスチック商品、木製品で最長辺が50センチメートル以上の物が粗大ゴミに区分されます。
粗大ゴミを出すときにはまず初めに、粗大ゴミ受付センターへ収集の事前予約をしなければいけません。
通常は受付センターへ電話して予約を取ることが一般的ですが、横浜市では電話窓口の他にFAXやホームページのチャット、LINEを使って回収を申し込むことができます。
電話窓口の受付時間は月曜日~土曜日の午前8時30分~午後5時までとなっていますが、他の方法を使えば受付時間外でも予約をすることが可能です。
申し込みが終わったら、次は手数料を郵便局、コンビニなどで支払い、領収書と収集シールを受け取ります。
そして粗大ゴミの見やすい箇所に収集シールを貼り、申し込み時に伝えた収集日の朝8時までに指定された場所に出してください。

2.持ち込み処分も可能

ゴミを積んだ軽トラック

横浜市では粗大ゴミを直接持ち込んで処分することも可能です。
横浜市内の「鶴見区」「港南区」「緑区」「泉区」の4か所には自己搬入ヤードが設置されています。
処理手数料は市が収集する場合と同じ料金が必要になりますが、引っ越しなどで粗大ゴミが大量にでてしまった場合でも市の処理施設で安全に処分することができます。
粗大ゴミを自己搬入ヤードへ持ち込む場合も、粗大ゴミ受付センターへの事前申し込みが必要です。
申し込みが終わったあとは、お近くの郵便局やコンビニエンスストアで手数料を納付してください。領収書と収集シールを受け取り、粗大ゴミに貼りつけると処分の準備は完了です。
当日は申し込み窓口で伝えた日時、搬入施設に直接粗大ゴミを持ち込みましょう。
自己搬入ヤードでは手数料シールを取り扱っていないため、収集シールは必ず事前に購入して粗大ゴミに貼りつけておくようにしましょう。収集シールを購入し忘れて収集を断られてしまった場合は、再度収集受付センターに回収申し込みをする必要があります。

3.粗大ゴミとして出せない物は?

横浜市ではエアコン、テレビなどの家電リサイクル法に該当する物、バイク、パソコン本体、ディスプレイは粗大ゴミとして出すことができません。これらのゴミは資源として回収されます。

・家電リサイクル法の対象家電
エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機などは家電リサイクル法の対象品目となります。これらは粗大ゴミとして処分することができず、購入した店舗で回収を申し込む必要があります。
倒産したメーカーや製造元が分からない場合は、横浜市が指定する家電リサイクル協力店に回収を申し込みましょう。家電を運搬できる車を持っていない場合は出張回収サービスに依頼すれば引き取ってもらえますが、リサイクル料金と収集運搬料を支払わなければいけません。

・バイク
バイクは購入した店舗や二輪車リサイクル促進センターが指定する指定取引窓口で回収してもらいましょう。リサイクルに出した場合、処分費用は無料です。処分する前には自治体にナンバープレートを提出するなどの廃車手続きを忘れずに行うようにしてください。

・パソコン本体、ディスプレイ
パソコンの本体やディスプレイは購入した家電量販店にて無料で引き取ってもらえます。
店舗によっては処分するパソコンのデータを抹消してくれるサービスも行ってくれる場合がありますので、新しいパソコンを購入し古い物を処分したいとお考えの方はこちらの方法がおすすめです。
パソコンの製造メーカーが倒産しており、無料回収を断られてしまった場合は一般社団法人パソコン3R推進協会に連絡すると有料で回収してもらうことができます。

4.粗大ゴミ処理手数料は申請をすると免除になる

生活保護や、福祉医療の交付を受けている世帯は年間で4個まで粗大ゴミの処分費用を免除してもらうことができます。

・生活保護を受けている方
・身体障害、精神障害の認定を受けている方
・介護保険要介護4または5に該当する高齢者(65歳以上)がいる方
・粗大ごみを直接搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者であると福祉保健センター長が認めた方


以上のような条件に当てはまる方は粗大ゴミの回収費用を免除してもらうことができます。
粗大ゴミの減免制度を利用する場合は、ゴミ回収を申し込む際に減免の対象であることを伝えてください。

5.粗大ゴミをお得に処分する方法は?

粗大ゴミをお得に処分するためには、市がリサイクル対象品として無料で回収している品目を把握し、分別することが大切です。
費用を抑えるだけでなく、限りある資源を再利用に回すことができるため、積極的に利用しましょう。

・小型家電収集ボックスを利用する
携帯電話、デジタルカメラなど30センチ未満の小型家電と呼ばれるものは横浜市が設置している小型家電収集ボックスに入れることで費用をかけずに処分することができます。
携帯電話やUSB目盛、携帯音楽プレイヤーなど片手で持つことができる家電だけでなく、小型のノートパソコンも処分することが可能です。
小型家電収集ボックスは大型スーパーや大手家電量販店の中に設置されていますので、自宅から近い場所を選んで小型家電ゴミを持ち込みましょう。

・買取専門店に査定を依頼する
動作に問題が無く、比較的新品に近い状態であればお近くのリサイクルショップで売却することで処分費用を抑えることができます。最近では家電だけでなく衣類や雑貨も買取対象としている店舗が増え、細々とした物でも買取査定に出すことができるようになりました。
不用な物を処分することができるだけでなく、買取金も貰えるので非常にお得な処分方法だと言えますが、状態があまりにも悪い場合や、保証期間が終了している家電の場合は買取査定を断られてしまう場合があります。

・不用品回収業者を利用する
希望する日時に収集予約がとれない、市では収集できない粗大ゴミを即日処分したいとお考えの場合は、不用品回収業者を利用してみるのはいかがでしょうか。
不用品回収業者の中には家具や家電の買取査定を行っている業者があり、その買取金を回収処分量に充てることによって、安い費用で粗大ゴミを処分できることがあります。
家電リサイクル法の対象品目や一般ゴミも回収してくれるため非常に便利なサービスですが、不用品回収業者の中には回収したゴミを不法投棄する業者も存在するので、依頼する場合は事前にしっかりと下調べをしておきましょう。

まとめ

横浜市内で粗大ゴミをお得に処分する方法についてまとめました。
横浜市では粗大ゴミの収集予約がLINEや市のホームページのチャット、インターネット、FAX、電話など様々な手段で予約できることが特徴です。費用面だけでなく、一番自分が分かりやすい方法を選んで処分することもおすすめです。
粗大ゴミの処分をご検討中の方は、回収を申し込む前に無料で処分できる物が混ざっていないか今一度確認してみましょう。