不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

粗大ゴミの処理券はどこで買う?いまはコンビニでもOK!

粗大ゴミは行政や自治体によって回収してもらうことが一般的でしょう。
ですが、一般ゴミと違って粗大ゴミはそのまま収集場所に置いただけでは回収してもらうことができません。
粗大ゴミを捨てる場合は事前に回収依頼を申し込み、手数料を支払ったという印のゴミ処理券を貼り付けてから収集場所に置いておかなかればならないのです。
今回は自治体のゴミ回収を依頼するために必要なゴミ処理券の購入方法、及び処理券を使った回収依頼の方法について詳しくご紹介いたします。

1.粗大ゴミの処理券を買える場所はどこ?

コンビニと車

粗大ゴミを捨てるためにゴミ処理券を購入しなければならない理由ですが、回収の場でお金のやり取りをしなくてもシールを購入することで行政に料金を支払うことができるからです。
スーパーのサービスカウンターやコンビニの店頭で買えることが一般的に知られていますが、郵便局の窓口や市役所などの自治体の環境課、地元の商店街などでも購入することができます。
購入できる場所はお住まいの地域ごとに異なりますので、お住まいの地域での粗大ゴミシールの取り扱い情報は行政のホームページを参考にしてください。
粗大ゴミ処理券の購入はクレジットカードやキャッシュレス決済などで支払うことができません。購入するときは現金を忘れないようにしましょう。
粗大ゴミ処理券は原則、返品や返金をすることができません。誤って余分なゴミ処理券を購入しないように、まず行政や自治体の窓口に電話で問い合わせ、料金を確認しておくと良いでしょう。
出したい粗大ゴミの料金が分からない場合は、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。
ホームページによっては品目別の料金表が掲載されていない場合があるため、確実に料金を知りたい場合は窓口で問い合わせてみましょう。

2.一般的な粗大ゴミの処分方法

緑色のソファ

粗大ゴミの処理券を使った自治体による回収サービスを利用する流れについてご紹介いたします。
まずは電話やインターネットで回収を申し込みます。そして、その時に回収してほしいゴミの種類や氏名、回収希望日を伝え、回収依頼日を予約します。
無事に予約が取れたらスーパーマーケットやコンビニでゴミ処理券、あるいはシールを購入し、所定欄に名前や回収日などの必要上を記入してください。
そして粗大ゴミに貼りつけ、回収日の指定時間までに指定された集荷場所まで運んでおけば回収業者が引き取ってくれます。
行政や自治体が行っているサービスのため利用者が多く、場合によっては3週間以上先でないと回収予約がとれない場合があります。
そのため大掃除のシーズンに入る年末年始や大型連休などに自治体の粗大ゴミの回収を依頼することは難しいでしょう。
市の回収サービスを利用する場合は回収予定日を長めに見積もっておくか、急ぐ必要のない不用品を依頼する方が良いかもしれません。
また、市内にある清掃センターに直接持ち込んで処分してもらう方法もあります。
清掃センターに持ち込む場合も事前に電話やインターネットで回収の申し込みをする必要があります。
処分したい粗大ゴミの品目、希望日時を伝えると搬入場所や料金を教えてもらえますので、その料金相応のゴミ処理券やシールを購入して不用品に貼りつけてください。そして搬入日当日に清掃センターへ持ち込めば完了です。
清掃センターへ持ち込むと自治体によっては収集時よりも手数料を差し引いてくれる場合があります。ご自身の車で不用品を運搬できる方は、収集依頼ではなく持ち込みを検討しても良いかもしれません。
どちらの方法でも不用品に粗大ゴミ処理券を貼り付けておかないと対応してもらえませんので、購入や必要事項の記入、貼り付けを忘れないようにしてください。
粗大ゴミ処理券に記入する必要事項はお住まいの地域によって異なりますが、ほとんどが回収日、依頼主の氏名、受付番号であることが多いです。

3.粗大ゴミの処理券に名前を記入したくない場合は?

ペンを握る右手

粗大ゴミの処理券に必要事項を記入していないと、誰が回収を依頼したものだろうかと判断がつかなくなり、回収されずに置き去りにされる場合があります。
置き去りにされてしまうともう一度回収依頼をしなければならないだけでなく、自宅に粗大ゴミを持ち帰って保管しておかなけらばならないため、二度手間となってしまいます。
どうしても名前を記入したくない事情がある場合は、電話やネットで回収を依頼する際に仮名や無記名で出すことができないかを相談してみることがおすすめです。可能な自治体であれば仮名で引き取ってもらえることがあります。

4.粗大ゴミの処理券を買って粗大ゴミを処分するメリット、デメリットとは?

パソコンの前で頬杖をつく女性

粗大ゴミの処理券を使って不用品を処分する方法は一見簡単に見えますが、手順が多いため想像よりも手間がかかってしまいます。
こちらでは処理券を利用して不用品を処分するメリット、デメリットをまとめました。

・粗大ゴミの処理券を買って処分するメリット
こちらは自治体が請け負っている回収サービスのため、安い費用で引き取ってくれます。粗大ゴミ処理券の最高額の相場は1,000円前後だと言われています。また、回収後は適切にゴミ処理センターで処分をしてくれることもメリットの一つでしょう。悪質な不用品回収業者の中には、回収したゴミを不法投棄している場合があります。

・粗大ゴミの処理券を買って処分するデメリット
低価格で引き取ってくれる自治体の収集サービスですが、非常に手間がかかることが最大のデメリットでしょう。電話もしくはインターネットで申し込みをしなければならず、ゴミ処理券を購入して当日までに貼り付けておかなければなりません。
さらに指定できる日時は平日に限定されていることが多く、お仕事をされている方にとっては不便に感じるかもしれません。
さらに粗大ゴミの回収場所まで自ら運ばなくてはいけないという身体的な負担もあります。

5.粗大ゴミの処理券と家電リサイクル券の違いは?

箪笥と洗濯機

粗大ゴミとして出すことができないエアコン、テレビなどの大型家電は家電リサイクル法に従って家電リサイクル券を購入することで処分することができます。
家電リサイクル法とは、家電に内蔵された貴金属などを再利用して有効活用するために制定された法律です。
この家電リサイクル法にあてはまるゴミを処分するためには郵便局で家電リサイクル券を購入し、手数料を事前に納付する必要があります。支払い後は家電を購入した家電量販店へ引き取りを依頼する、地域の清掃センターへ持ち込むなどの方法を利用して処分してください。

まとめ

粗大ゴミ処理券の購入方法、料金、リサイクル券との違いについてご紹介させていただきました。行政や自治体のゴミ回収を利用する場合は、必ず粗大ゴミ処理券が必要になります。もし処理券を購入する時間がない、あるいは土日に回収をしてほしいと考えている方は民間の不用品回収業や買取業者に依頼することをおすすめいたします。
処分費用は自治体のサービスより高くなってしますが、品目に関わらず依頼した不用品のほとんどを回収してもらえますし、作業スタッフが搬出もしてくれるため、自力でするよりも遥かに短時間で処分を終わらせることができます。
粗大ゴミの処分方法について他にもご不明な点がある方は、ぜひ当社までご相談ください。