不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

空気清浄機の正しい捨て方知ってる?処分方法を大公開!

空気清浄機は空中のホコリやハウスダストを吸引して除去してくれる家電です。
花粉やホコリだけでなく、高価な機種であればPM2.5や黄砂、ウイルスなどを除去してくれる物も販売されています。
従来のように床に置いて使う空気清浄機も人気ですが、最近では机の上に置くことができる小型の物や、首からぶら下げて使用できる空気清浄機も販売されており、清潔な空気で生活したい人々からの需要が高まっています。
様々な大きさの機種が販売されており、不要になった空気清浄機をどのように分別して捨てればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
今回は大型、小型それぞれの空気清浄機の正しい処分方法についてご紹介いたします。

1.空気清浄機の大きさによって処分方法が異なる

空気清浄機のスイッチを入れる指

空気清浄機の処分方法は本体の大きさによって異なります。家庭用の大きい空気清浄機の場合は粗大ゴミとして区分されることがほとんどです。
ですがお住まいの地域によっては大型ゴミに分類されることや、不燃ゴミとして区分されることがあります。さらに本体は粗大ゴミとして分別されても、内蔵されているフィルターは可燃ゴミとして分別することを指示している地域もあり、分別の基準は自治体によって大きく変化します。
空気清浄機を捨てるときはお住まいの地域でどのように分別されているのかを確認し、その捨て方に従って処分をするようにしましょう。

2.床置き型空気清浄機の場合

畳の上に置かれた黒い空気清浄機

床置き型の通常の空気清浄機の場合は粗大ゴミとして捨てることが一般的です。粗大ゴミの捨て方はお住まいの自治体によって異なりますが、市のゴミ収集センターに回収の申し込みをする方法が一般的でしょう。
まず粗大ゴミ収集センターに回収申し込みの電話をかけて、氏名や住所、回収希望日などを伝えます。予約をした後はスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで粗大ゴミの収集券を購入し、捨てる予定の空気清浄機に貼りつ付けておきます。そして指定した日時に収集場所へ出しておくことで処分が完了します。
粗大ゴミではなく大型ゴミとして分類されている場合は、お住まいの近くにある家電量販店、あるいは市が運営する清掃センターにゴミ収集の連絡を入れ、ご自身の車などで持ち込みをする必要があります。
ご自宅の近くに大型ゴミを回収してもらえる店舗がない、または自家用車を持っていない場合は家電量販店や不用品回収業者の回収サービスを利用して引き取ってもらうことをおすすめいたします。
回収を依頼した場合、自治体の収集ゴミを利用したときよりも出張料金や手数料などの発生によりどうしても費用が高くなってしまいます。ですが大きくて重たい空気清浄機を時間と体力を費やさずに処分できるという利点もありますので、ご自身の都合に合った処分方法を利用してみてください。

3.小型の空気清浄機の場合

卓上型空気清浄機と筆記用具

卓上サイズや携帯用の小型空気清浄機の場合は不燃ゴミとして処分することができるほか、市が指定した小型家電のリサイクル回収ボックスに入れることで処分することができます。
貴重な資源を再利用に回すことで環境保護に貢献することができるため、不燃ゴミとして出すよりも回収ボックスに入れて処分する方法がおすすめです。
小型家電には鉄やアルミ、銅、貴金属、レアメタルといった金属が含まれています。動作に不具合があっても機械に組み込まれた金属は再利用することができますので、小型家電に含まれる金属を焼却処分せずにリサイクルをすることによってゴミを減らすことに繋がるのです。

4.動作に問題が無ければ中古買取やフリマアプリでの出品がおすすめ

抱えられた段ボール

購入後あまり使用しなかった、あるいはまだ使用できる空気清浄機の処分を検討している場合は、買取査定に出してみるのはいかがでしょうか。
本体に目立つ傷や汚れがなく、正常に稼働する場合はリサイクルショップや出張買取で買い取ってもらえる可能性があります。
ただし、家電は製造から5年以上経過していると品質の保証ができないと判断され、買取拒否をされる場合があります。買取に出す前に、お手持ちの空気清浄機の価格がいくらになるのか相場を確認しておくことが必要です。
フリマアプリでは最新の機種はもちろん、LEDライトが点灯したり、アロマオイルを入れることでアロマテラピーが楽しめるなど、空気の汚れを除去すること以外の機能が搭載された機種も購入されやすいです。ほのかな光やアロマの香りで気持ちがリラックスするため、寝室に設置するインテリアとして兼用できる物を求められる方が多いためです。
コンセントなしで持ち運びができるUSB充電型の空気清浄機も売れやすいでしょう。
フリマアプリを使って譲渡をする場合は配送する空気清浄機に傷がつかないよう、しっかりと吸緩材などで梱包する必要があります。また取引をする前にお手持ちの空気清浄機の購入日、使用頻度、状態を細かく相手に伝え、相手に納得してもらってから売ることがトラブルを防ぐポイントになります。
また、不用品回収業者に依頼する場合も買取されて回収費が割安になる可能性があります。希望日時にも対応してもらえますし、空気清浄機以外に処分したい品も種類を問わずまとめて回収してもらえるので引越しや大掃除はもちろん、すぐに処分したい場合にも利用しやすくてとても便利です。

5.空気清浄機を高く売る方法は?

空気清浄機のフィルターと掃除機のノズル

・汚れを取り除き、新品に近い状態にする
買取りに出す前に、本体やフィルターの掃除をしておきましょう。新品に近い状態であるほど、高く買い取ってもらえる確率が高くなります。
フィルターを掃除するときには、水洗いできるかどうかを事前に説明書で確認してください。
汚れがひどくなかなか落ちそうにない場合は、中性洗剤や重曹を溶かした水の中に1時間ほどつけておいてから歯ブラシでこすると汚れが落ちやすくなります。
水洗いができない場合は掃除機でホコリを吸い取って掃除をすれば大丈夫です。
フィルターや加湿用トレイについたカビや臭いがなかなか取れない場合は、つけ置き洗いも有効です。
大きめの桶にぬるま湯を入れ、そこへ重曹を適量入れてください。1時間以上つけ置きをしてから再び水洗いをすることで、簡単にカビや臭いを取り除くことができます。重曹の代わりに塩素系漂白剤を使うこともできますが、こちらは重曹よりも強い消毒、消臭効果を持っているためフィルターには使用せず、トレイの汚れを除去するときにだけ使用してください。
本体は水拭きをするだけで十分ですが、機種によっては水をかけると故障の原因につながる物もありますので、説明書に従ってクリーニングを行うようにしてください。

・新しい機種のうちに売却する
空気清浄機は毎年続々と新機能が搭載された物が開発、販売されています。最近では花粉やホコリだけでなく、ウイルス除菌効果を持った空気清浄機が市場に出回るようになりました。
買取査定を検討している空気清浄機も、新型の空気清浄機が続々と発売されるたびに値段が落ちてしまう可能性があります。
お手持ちの空気清浄機が新型であるうちに売却してしまうことが、高い価格で買い取ってもらえるコツと言えるでしょう。

まとめ

空気清浄機の寿命は6~10年程度と言われています。フィルターを交換することでより長く使用することができますが、長期間使用しているとファンが故障して吸い込みが悪くなったり、異臭や異音が発生する場合があります。現在お使いの空気清浄機が古い型であれば、今より機能性が高い機種への買い替えを検討しても良いかもしれません。
空気清浄機の大きさ、費用の予算に合わせてご自身の都合の良い方法で処分をしてください。