不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

掃除機は簡単に処分できるの?捨て方と料金の相場を徹底解説!

時代が進むにつれて、タンクとノズルが合体した従来の掃除機はみるみる小型化、軽量化し、持ち運びやすく小回りが利く家電へと改良されるようになりました。最近では自動で床をお掃除してくれるロボットも流通するようになり、今まで使っていた掃除機から買い換えたいなと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は掃除機を処分する主な方法、そして処分にかかる費用の大体の相場を調べてみました。

1.自治体のゴミ回収日に出す場合

床に置かれた掃除機

本体がプラスチックで作られている掃除機は、自治体によって不燃ゴミに指定されることがあれば粗大ゴミと指定されることもあります。
自治体のゴミ回収日を確認し、指定された場所に出すようにしてください。
業務用のような重たい掃除機を捨てる場合は、台車を利用するか、タンクとノズル、ヘッドを分解して少しずつ運ぶのがよいでしょう。

・自治体のゴミ回収を利用したときの料金の相場は?
自治体に不燃ゴミとして回収してもらえる場合は、費用は一切かかりません。通常の生活ゴミと一緒で、手数料をかけず処分することができます。
けれども、粗大ゴミとして指定されている場合は自治体が定めた処分費用を支払わなければいけません。
掃除機を粗大ゴミとして収集する場合は、自治体のホームページや電話から、掃除機の回収費用の金額、収集日、収集場所を確認しましょう。
粗大ゴミとして回収してもらうためには、処分費用を支払った証となる処分シールをスーパーやコンビニエンスストアで購入する必要があります。
回収費用分の処分シールを行為し、捨てる掃除機に直接貼り付けることで準備が完了します。
掃除機の場合、回収費用の相場は500円程度と言われていますが、この金額は自治体によって異なります。回収費用が足りていない状態で出していると引き取られないまま置き去りにされてしまうことがありますので、かならずお住まいの地域の回収費用を確認してください。

2.下取りサービスを利用する場合

テレビ通販や家電量販店では、今まで使っていた家電を回収するかわりに販売品を値下げしてくれるサービスを行っていることがあります。
自治体の回収だと発生してしまう処分費用を0円で回収してくれるため、無料で処分できるだけでなく新製品を安く購入することができるためメリットの多いサービスと言えるでしょう。
このサービスは下取りと呼ばれ、古い家電を手放して新しい家電を購入することができるため、多くの販売店で実施されています。

・下取りの相場は?
下取りの価格価格ですが、10円という低価格がつけられる場合もあれば、壊れている状態であっても5,000円以上で引き取ってくれる場合もあります。
ですが高額な下取り価格を設定している販売店は、その分販売商品の値段を上げている場合があります。
一見お得なように感じる下取りですが、下取りサービスを行っていない販売店の商品と比較すると結局は変わらない値段で購入していることがあるのです。

3.リサイクルショップなどで売却する

虫眼鏡で観察されるオレンジ色の模型

掃除機の吸引力が落ちていない、あるいは新型の掃除機を手放したいと考えている場合はリサイクルショップで売却することを検討してみてはいかがでしょうか。
もちろん電源が入らない、全体的に状態が悪い掃除機は買取対象外となってしまいますので、他の方が使用しても問題なさそうな状態の掃除機のみを持ち込みましょう。

・リサイクルショップでの買取価格の相場は?
掃除機の買取価格はモデルやメーカー、製品の状態などで買取価格が大きく変化します。
大手ブランドの新製品であれば4,000~10,000円の価格で買い取ってもらえますが、古く使用感のある状態であれば500円以下で買い取られることもあります。
掃除機を購入していたときに付属していた説明書や保証書、外箱などがあれば高く査定してもらえる可能性が高まります。付属品が揃っていれば新品に近い状態として高い価格をつけてもらえるかもしれませんので、できる限り処分しないで残しておくようにしましょう。

4.フリマアプリ、ネットオークションで売却する場合

段ボールと吸暖材とはさみ

お住まいの地域にリサイクルショップが無い場合はフリマアプリやネットオークションを使い、必要としている方に売ってしまうのも一つの方法でしょう。
スマートフォンと写真があれば簡単に出品することができ、販売価格もご自身の好きな値段に設定することができるため、不用品を処分するためにこれらのサービスを利用している方は年々増加しています。

・フリマアプリ、ネットオークションでの相場は?
フリマアプリやネットオークションは自分の売りたい値段を設定して出品することができます。フリマアプリでの価格相場は2,000~10,000円となっていますが、商品さえ出品すればすぐに売れるというわけではありません。
掃除機を売りたい側、掃除機を買いたい側が出会い、販売価格に同意して取引が開始されるまでにかなりの時間がかかってしまうことがあります。
掃除機をなるべく高い値段で売却するためには、サイトに乗せる写真を綺麗に取る、細かい商品説明を入れるなど買い手の購買意欲を引き立てるような工夫が必要です。購入者が決定したあともその後の梱包状態や対応について評価がつけられるルールが定められていることがほとんどですので、購入者が確定したあとも気を抜かずに手続きを進めましょう。
加えて注意しなければいけないことは、売上金がそのまま自分の下へ入ってくるわけではなく、販売手数料や送料が売上金から差し引かれるということです、販売手数料の相場は売上金の5%です。購入された商品の金額が大きいほど、差し引かれる販売手数料の金額も大きくなりますので、手数料と配送料を差し引かれた後の販売利益を考えながら値段設定をするとよいでしょう。

5.不用品回収サービスを利用する場合

掃除機のサイズが大きく一人で運ぶことが難しい、あるいは掃除機以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収サービスを利用するのがおすすめです。
指定した時間に応じて回収にきてくれるため、普段自治体によって定められたゴミ収集日に出すことが難しい方にとっても便利です。
回収サービスの中では買取も行っている業者があり、沢山の不用品を処分したいときは通常、軽トラックがご自宅に向かいます。
そして回収費用全額から買い取り金額が差し引かれることで、処分費用を抑えてゴミを処分することができるのです。

・不用品回収サービスを利用したときの料金の相場は?
処分費用は家電一個につき値段が決められている場合があれば、軽トラック1台分で金額が設定されている場合もあります。
少量の家電を引き取って欲しい場合は前者を選ぶとよいでしょう。車の台数分で値段が設定されている場合、軽トラック一台分の相場は5,000~18,000円と言われています。
ご自宅へ出張買取を依頼した場合、処分費用に合わせて出張料や交通費を請求されることがあります。
いきなり依頼するのではなく事前に見積もりを行い、回収費用以外にどのような料金が発生するのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

まとめ

重たくて大きいタイプの掃除機は一人で回収場所まで持ち運ぶのが困難かもしれませんし、フリマアプリ、ネットオークションで発送しようとしても送料が予想以上にかかってしまう可能性も考えられます。
自力で回収場所に持ち運べそうにない場合は、不用品回収業者に依頼してしまうのが一番簡単な方法かもしれません。
業者によって回収費用、買取金額は異なりますので、ご自身の予算に合った処分方法を利用してみてください。