不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

ベッドの処分は手軽さ重視?安さ重視?あなたに合ったおすすめの方法

大きくて重いベッドの処分。大型家具はとにかく処分が大変で、料金も高くなりそうなイメージを持たれがち。
そこで今回は、適切にベッドを処分する方法をメリット・デメリットと併せてご紹介します。
正しい知識を身に着けてさえいれば、手間も費用もかけずに処分できますよ!

1.ベッドを無料で処分する方法

意外かもしれませんが、ベッドのような大型家具も無料で処分することは可能です。
その方法をご紹介します。

①自分で解体する
とにかく料金をかけたくない場合は、自分でベッドを解体して処分しましょう。
解体して可燃ごみと不燃ごみに分けます。しかし、ベッドは大型家具なので普通ごみのサイズにするには電動のこぎりやドライバーなどの道具が必要となり、かなりの手間と労力がかかることは避けられません。そのため多忙な方や女性、高齢者には不向きな処分方法かもしれませんが、何を差し置いても費用をかけたくないという気持ちが勝るならば、他とは比較にならないベストな方法です。また、各自治体でごみの分別規則が異なるため、処分前の確認を忘れないように注意しましょう。

②買取サービスを利用する
買取サービスの出張買取を利用すると処分費用はかかりません。引越しなど期日が迫っている場合でもすぐに対応してもらえるうえに、梱包から搬出まですべて任せられるので手間もかからずとても便利です。特にブランド家具は比較的高く買い取ってもらえます。また、ベビーベッドなどの限られた期間しか使用しないものはリユース品の需要が高く、買取サービスに売却するのは得策だと言えます。ただし、品物や状態によっては買取対象外になることもあるため、必ず事前に電話をして確認しておきましょう。

2.なるべく手軽に安く処分するには?

不用品を引越しで処分する場合は、引越し業者に丸ごと無料で引き取ってもらえると思い込んでいらっしゃる方も多いかもしれませんが、有料での引き取りや回収を受け付けていないところもあり、それぞれで対応は異なります。
そのような場合や買取サービスでも買い取ってもらえないときには、次の3つの方法で処分できます。費用も安く、申し込みも簡単なので利用をおすすめします。

①粗大ごみとして自治体に回収してもら
②買い替えるときに引き取ってもらう
③不用品回収業者に依頼する


最適な処分方法を見つけていただくためには、それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っておくことが大切です。一つずつ詳しく見ていきましょう。

3.粗大ごみとして自治体に回収してもらう

ベッドは粗大ごみで処分する方法が最も一般的です。粗大ごみは1辺が30㎝以上のものや棒状で1mを超えるものなどと定義づけられているので、ベッドはこちらに当てはまります。
ただし、粗大ごみを出す手順やルールは各自治体によって異なるため、事前に問い合わせて確認しておきましょう。
参考として、大阪市を例に挙げて紹介します。

処分の手順
大阪市で粗大ごみを出す場合は、次の手順となります。
1.電話かインターネットで粗大ごみ収集受付センターへ申し込む
2.申し込みを済ませて手数料を確認してから、スーパーやコンビニなどの「粗大ごみ処理手数
  料券取扱店」で「粗大ごみ処理手数料券」を購入する
3.手数料券に受付番号または氏名を記入して処分品に貼り付ける
4.収集日の午前9時までに指定場所に処分品を出しておく

処分にかかる費用
大阪市の場合、料金は処分する品目によって200円、400円、700円、1,000円と4種に区分されています。
ベッド本体の処分には1,000円かかり、マットレスは200円が必要です。

メリットとデメリット
不用になったベッドを粗大ごみに出すときのメリットとデメリットをまとめてみます。
【メリット】
・処分費用が安い
・自治体が回収してくれるため安心できる
【デメリット】
・回収日までに粗大ごみ処理手数料券を購入しておかなければならない
・申し込んでからすぐに回収してもらえない
・指定場所まで運び出さなければならず労力がかかる

搬出に手間がかかることもありますが忙しい人でも処理しやすく、オーソドックな処分方法でおすすめです。

4.買い替えるときに引き取ってもらう

ベッドを処分するときは、新しく買い替える場合が多いのではないかと思います。
その場合は、購入店に不用になったベッドの引き取りを依頼しましょう。サービスとして無料で引き取りをしている販売店もあり、購入と処分が一度にできるため手間が省けてとっても便利です!

ただし、引き取りサービスに条件を設けているところが多いので注意が必要です。

引き取りにかかる費用
一部の販売店を例に挙げて比較してみます。

ニトリ:3,000円(税別)(一部店舗4,000円)
    *購入する家具と引き取りする家具が同数量もしくは同容量までのものに限る
ディノス:無料
    *購入価格38,000円以上(税別)で、送料の種類が大物配送・特大配送のものに限る
ベルメゾン:無料
    *購入価格38,000円以上(税別)のベッドで、送料の種類が大型商品のものに限る

販売店によってベッドの処分費用は異なりますが、1点購入すると同様の家具を大体3,000円~10,000円で引き取ってくれるところが多いように思います。また、一定金額以上のベッドを購入する場合には無料で引き取りをしてもらえることもありますので、買い替えるときは引き取り料も購入の判断材料の一つとして考慮すると良いかもしれません。

メリットとデメリット
【メリット】
・搬出まですべて任せられる
・購入と処分が同時にできるので手間が省ける
【デメリット】
・引き取り料金が高い場合は、費用面のメリットが少ない
・高額商品を購入しなければ無料で引き取ってもらえないケースが多い

5.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用したことがない方も多いかもしれませんが、多忙を極める現代人にとって最適な処分方法でおすすめです。
その理由は、365日年中無休、早朝・夜間に関わらずいつでも都合に合わせて回収に来てもらえるからです。さらに、大きくて重いベッドを自分で運び出す必要はなく、部屋から搬出してもらえるため手間も労力も一切かかりません。ホームページや電話からの申し込みも簡単で気軽に利用できます。

業者選びのポイント
・回収後の処理方法を確認する
回収したベッドを積極的にリユース・リサイクルしている業者は、廃棄処分にかかる費用がかからないため回収費を低く見積もっているところがほとんどです。リユースすることで利益を出しており、環境にも依頼者にもやさしい回収を行っています。

・無料回収は危険
これは悪徳業者によくある手口です。無料回収と強調しておきながら回収時に「敷布団だけが無料」などと言いがかりをつけて料金を請求されるような被害が多発しています。

・事前に見積りの内訳や追加請求が発生しないかをしっかりと確認する
トラックに積み込んだ後で見積り時には話になかった搬出料金や運搬料金を請求してくる悪徳業者も存在します。ホームページや見積りの段階で追加の費用が発生しないことを必ず確認してから依頼しましょう。

回収にかかる費用
業者によって料金は異なります。ベッドのサイズや種類によっても違ってくるため、費用を抑えるには複数の業者から見積もりを取って依頼先を決めるのが無難です。
回収料金には作業代が含まれていますが、大体の目安としてマットレスとベッドフレームを合わせて10,000円程度と考えておけば良いでしょう。

メリットとデメリット
【メリット】
・手間や労力が一切かからない
・早朝や夜間でも都合に合わせていつでも対応してもらえる
・ベッド以外の不用品もまとめて回収してもらえる
・買取サービスにより回収費が安くなることがある
【デメリット】
・業者によってサービスや料金にばらつきがある
・信頼できる業者か見極める必要がある

まとめ

不用になったベッドの処分方法は多数あります。
お金をかけずに処分するなら買取サービスを、手間や労力を省くなら不用品回収業者を利用するなど、費用や手間に時間、メリット・デメリットなどを考慮して自分に適した方法で処分しましょう。
また、処分=廃棄と安易に考えず、リユースやリサイクルを通してものを循環させる方法を選択肢に付け加えると処分の幅も広がります。いずれにしても不法投棄などは決して行わず、適切な方法で処分するようにしてください。