不用品回収リング

不用品回収リング

お役立ちコラム

冷蔵庫の処分方法をわかりやすく解説!簡単ステップで即処分

冷蔵庫は大きくて搬出が困難なため、買い替えや処分の際は非常に大変な思いをするケースも多いです。加えて、2001年度から定められた家電リサイクル法により、冷蔵庫は決まった方法で捨てる義務があるため、複雑な手続きの知識も必要とされます。

今回はそんな搬出も手続きも悩みがちになる冷蔵庫の処分方法をご紹介します!

1.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

まず、冷蔵庫は先述した通り家電リサイクル法の対象品目であります。そのため、まずはこの家電リサイクル法についてご紹介します。

家電リサイクル法
家電リサイクル法とは、特定家庭用機器再商品化法とも呼ばれ、不用になったエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目が対象です。これらの4品目には他の家電に比べてまだ使える部品が多く含まれているため、まだ使える部品を正しく取り出し、リサイクルするための法律です。

費用としては運搬費とリサイクル費がかかります。依頼するメーカーと小売業者ごとに金額は多少異なりますが、冷蔵庫の処分費の目安として、170L以下だと3,740円~、170L以上だと4,730円~が目安となります。

そのため、皆さんの冷蔵庫がどのサイズであるかも計算に入れてチェックする必要があります。

2.家電リサイクル品の処分方法

では次に、家電リサイクル法での処分方法を紹介します。
大まかに処分方法は4通りありますので、一つずつ紹介します。

1.冷蔵庫を買い替える家電量販店での引き取り(買い替えのみ)
買い替える場合は、買い替えた店舗での引き取りが可能です。買い替えた店舗ごとで引き取り方法が異なりますので、必ず店舗に確認しましょう。
その際に運搬費とリサイクル費を支払います。

2.冷蔵庫を買った家電量販店での引き取り(処分のみ)
冷蔵庫を買い替え、古いほうを処分する場合は、買った店舗での回収をお願いしましょう。引き取り方法は1の方法と同じで店舗ごとに異なり、金額がかかる場合も多いです。

3.自治体に問い合わせる
基本的に自治体での回収は家電リサイクル法の関係で難しいのですが、有料で対応してくれる場合もありますので、一度問い合わせてみるとよいでしょう。
また、引き取れない場合でも最寄りの許可を持った業者や小売店を紹介してくれますので、処分方法に困ったらまずは自治体に問い合わせるのがおすすめです。

4.指定取引場所での処分
冷蔵庫をどこで買ったか分からない場合はここに回収を依頼することになります。日本全国に家電の指定取引場所は多く点在しており、「家電製品協会 指定取引場所」とインターネットで検索すれば簡単に皆様のお住いの地域に近い場所を探せるため運搬費を削減できます。加えて必要経費はリサイクル料金のみになりますので、先の3つの方法より安く済ませられることがメリットです。しかし、皆さん自身で搬出する必要がありますので労力はかかるのがデメリットでもあります。

このように、状況に応じて処分方法は異なってきます。

3.リユース可能な場合もある

しかし、先の方法だと「どれもお金がかかるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。そんな時、お金をかけずに冷蔵庫を処分するリユースという方法もあります。

リユースとは再使用という意味で、処分予定の冷蔵庫を誰かに譲ることを指します。つまり、廃棄処分をせずに、無料で処分できる方法なのです。

ここではそんなリユースの方法を4通りご紹介します。

1.知り合いに譲る
これは単純なリユースの方法です。知り合いに譲ることで処分費用は一切発生しないことがメリットです。しかし、搬出など面倒な作業が必要になります。

2.リサイクルショップで引き取ってもらう
リサイクルショップはまだ使える品で価値があれば買い取ってくれます。しかし、基本的に店舗に持っていったうえで買取が可能か判断されますので、自力で搬出する必要があります。また、店舗ごとで専門にしている品物などが異なり、一つの店舗で買い取ってもらえなくても、違う店舗なら買い取れる場合もあるなど知識と根気が必要な方法でもあります。

3.ネットオークションやフリマアプリで売る
ヤフオクやメルカリなどで売る方法です。売上金が発生するので、お得に処分ができます。また、珍しい品でしたらリサイクルショップなどよりも高く売れる可能性もありますが、売れないといつまでも手元に残ってしまうので、売れるという確証がない場合はおすすめできません。

4.不用品回収業者の買取サービス
不用品回収業者の中には、買取を行ってくれる業者もいます。そのような業者に買い取ってもらえれば、お得に処分したうえで搬出を代行してもらえます。また他の不用品と合わせて依頼も可能なため、冷蔵庫以外の不用品にもお困り方にぜひおすすめしたいサービスです。次章で詳しく説明します。

このようにリユースができればリサイクル費用を下げるどころか収益まで得ることができるのです。ただし、皆さんの冷蔵庫がリユースできる状態にあるかどうか念入りにチェックするのを怠らないようにしてくださいね。

4.不用品回収業者に依頼するときの注意

前章で触れた不用品回収業者へ依頼する場合の補足説明をしておきます。

不用品回収業者に頼めば、冷蔵庫の処分で大変な作業の一つである搬出をすべて代行してくれるため、非常に楽に処分ができます。では、なぜ最初に処分方法の選択肢に挙げなかったのか疑問に思う方も多いかと思います。

それは、冷蔵庫は家電リサイクル法に定められた品物であることに理由があります。不用品回収業者であっても、家電リサイクル法の4品目を運搬する資格を持っていないと冷蔵庫の回収はできないのです。加えて、その資格を持っていない違法業者に頼んでしまうと不法投棄や高額請求など取り返しのつかないトラブルに巻き込まれてしまう場合もあるため、業者に依頼するのが初めてで良い業者と悪徳業者の区別が付かない場合は依頼前に入念な調査が必要になります。

しかし、上手に利用すれば心強い味方になってくれることは間違いないので、回収業者に依頼するときは、町の中で回っている業者に頼むのではなく、ホームページを見てから問い合わせて、資格の保持や見積もりの方法などをきちんと確認したうえで依頼するといったように賢く利用するようにしましょう。

5.おすすめ処分方法Q&A

それでは最後に、冷蔵庫の処分で悩まないようにQ&A形式で皆さんにふさわしい処分方法をまとめましたので、ご自身に当てはまる方法を見つけてスムーズに処分してください。

冷蔵庫が不用品になった時の簡単Q&A

Q1、冷蔵庫はまだ使えるものか
→ 使える(Q2へ)
→  使えない(Q3へ)

Q2、冷蔵庫は確実に売れるものか
→  売れる(下1へ)
→ 分からない(下2へ)

Q3、処分か?買い替えか?
→ 買い替え(下3へ)
→ 処分(Q4へ)

Q4、買った店舗は分かるか
→ 分かる(下4へ)
→ 分からない(下5へ)

1.フリマアプリ、ネットオークションの販売がおすすめ
2.リサイクルショップ、不用品回収業者がおすすめ
3.買い替える家電量販店での引き取り
4.買った家電量販店での引き取り
5.自治体に問い合わせ、または指定取引場所で処分

まとめ

今回は冷蔵庫の処分について詳しく紹介してきました。最後のQ&Aでそれぞれの状況に適したおすすめの処分方法を挙げましたが、あくまでも参考としてお考えいただければ幸いです。決め手のポイントは自分で搬出できるかできないか。不用品の中でも頭を抱えることの多い冷蔵庫の処分ですが、ネックとなる搬出の手間を考えると業者や引き取りを依頼するのがおすすめです。