• example

    買取事例の紹介

    example

2019.11.01

兵庫県東灘区にてKING SEIKO HI・BEAT自動巻25石 5625-7111の買取をいたしました。

買取画像

こんにちは。不用品回収リングです。
我々スタッフは仕事柄、時間にはとても正確です。私も就職が決まったときに親から買ってもらった腕時計をフルに活用して仕事に臨んでいます。
最近ではスマホで時間を見る人が増えてきて、仕事中に腕時計をする人は減ってきているようですが、付けてみると身が引き締まる感じがしていいものですよ。しかし、汚れたり壊れたりすると困るので作業前には外さなければいけないのが辛いところです。

ということで、今回は東灘区にお住まいのお客様から【KING SEIKO HI・BEAT自動巻25石 5625-7111】を7,000円で買取りさせていただきました。
私はG-SHOCKのようなメカニカルで文字盤が大きい時計が好みですが、こういう小さめでシックなデザインのものもかっこいいですね!ビジネスシーンでも活躍しそうです!
SEIKOブランドのものなので強度も文句なし。機能性と使いやすさを両立させた大人のための腕時計ですね!

【腕時計を高く買取ってもらうには?】
まず重要なのはブランドです。ロレックスにシチズン、SEIKOなどなど時計に興味がなくても名前を聞いたことがあるような一流ブランドであれば買取り価格も高くなります。
そう聞くと「じゃあそれ以外の安物は高く買取ってくれないのか?」と思う方もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。
時計は使ってナンボの日用品です。ブランドと同じくらいに問題なく使える状態かどうかも重視されます。つまり、きちんと手入れをして使える状態にしておけばあらゆる時計に価値が出てくるということ。
そこで今回は、腕時計の手入れ方法をご紹介。ぜひ参考にして高価買取を狙ってみてください!

【外側の汚れを拭き取る】
バンド部分は汗や皮脂がしみ込みやすい部分なので、マイクロファイバークロスなどを使ってよく拭き取ります。カメラレンズの手入れなどに使うセーム革のクロスがあれば本体を傷つける心配がないのでおすすめです。

【バンド別の手入れ法】
金属バンドは先ほどの拭き掃除で充分に汚れを落とせますが、それでも落とせないキツい汚れには専門のクリーニング液を使うのがおすすめです。
対してレザー素材は水分を含ませると傷みやすくなるのでよほど汚れがひどくない限りは拭き掃除だけで充分に落とせます。
ラバー素材の場合は水洗いが可能なので、人肌くらいのぬるま湯に浸してよく拭き取るだけでOKです。

家でできる事のは外側の清掃まで。内部はプロに任せておくのがおすすめです。

【オーバーホール】
時計は精密機械なので、3~4年に1度は分解して中をメンテナンスするオーバーホールが必要です。自分でやろうとすると元に戻せなくなるのが関の山なので、この作業は専門店に依頼します。
中の清掃と機能の点検を行ってスムーズな動きを取り戻すほか、店によっては部品をピカピカに磨いてもらえることもあるので時計がまるで新品の頃のような輝きを取り戻します。
普段使いする時計でも定期的に行っておきたいですが、特にハイブランドの時計を査定に出す前にはぜひともやっておきたい作業です。

状態さえよければどんな時計でも買取りできる可能性があるので、心当たりのある方はお気軽にご連絡くださいね!

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ