• example

    買取事例の紹介

    example

2019.09.18

大阪府吹田市にてヤマハのオープンラックの買取をいたしました。

買取画像

買取れる棚、買い取れない棚

こんにちは。いつも当社の買取事例ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます。不用品回収リングでございます。

今回の買取品は側面のロゴが目を引く【ヤマハのオープンラック】です。吹田市で回収を依頼されたものを買取りさせていただきました。
そう。あのYAMAHA(ヤマハ)です。楽器のイメージが強い会社ですが、昔は家具も作っていたのです。長くなるのであまり詳しくは書きませんが、ヤマハは豊富なノウハウを活かして様々な分野に進出しており、ネット上では「ヤマハのコピペ」としてその武勇伝が語り継がれています。興味があれば調べてみてください。

そんなヤマハの家具は生産が終了してから数十年は過ぎているのですが、現在でも骨董品として価値がありアンティーク家具コレクターに愛されています。そのブランド力が決め手となって買取りさせていただきました。


【買い取れる棚と買い取れない棚】
当社は不用品の回収の他にも引っ越しのサポートも行っています。具体的には家具の分解や組立てですね。そのため棚を組み立てたり運んだりすることは多いのですが、今回のように棚を買取るのは珍しいケースです。


・買い取れない棚は?
最近は値段が安い代わりに自分で組み立てるタイプの棚が主流になりつつあります。出来合いのものよりも運搬が楽であり、組み立ても一人で出来るほど簡単なので一人暮らしの方にも人気ですが、中古の組み立て式の棚は買取りされにくい傾向にあります。

ただし良い事ばかりではなく、どんなに器用な人であっても素人が組み立てる以上はどこかしらに問題が出てしまうもの。安全面、耐久面を考えたうえで敬遠する業者が多いようです。


・買い取れる棚は?
それとは逆に、買ったときにはすでに組み立てられているものは中古で買取ってもらえる可能性があります。
目立った使用感(いかにも使ってましたよ感が出る汚れやシミのこと)がなく素材がしっかりしていれば買取りされる確率が上がります。
こうして考えると今回のヤマハ家具は買い取られるべくして買い取られたという感じがしますね!


【棚はどうやって処分する?】
先ほど紹介した「買い取れない棚」はあくまで値段がつかないというだけの意味であり、回収なら当社が喜んで承ります。
本棚やカラーボックスくらいのものならそのまま引き取りますし、食器棚のような大物は一旦分解してから運び出します。

どんなサイズでも当社が回収いたしますので、いつでもご連絡ください。

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ