• example

    買取事例の紹介

    example

2019.09.18

神奈川県横浜市にて特殊切手帳1978・1979の買取をいたしました。

買取画像

コレクションしていた古い切手の処分法。

みなさんこんにちは。全国各地で不用品回収を行なっている不用品回収リングでございます。もうすっかり秋を感じられるさわやかな気候の神奈川県での買取品のご紹介です。

さっそくですが、今回の買取り品は【特殊切手帳1978・1979】です。こちらを900円で買取させていただきました。
特殊切手とはイベント、キャンペーンなどに合わせて発行される切手のこと。この「1978・1979」は近代美術や相撲絵など日本の文化をモチーフにした切手シリーズです。
特殊の名の通り、発行枚数が限られているうえに販売期間や場所も限定されているためものによってはたいへん貴重な切手もあるのですが、今回買取させていただいた2種類は発売年数が比較的近年であることから残念ながらプレミアはついていないようです。そのかわりにホルダーと切手は欠けることなく揃っていたので買取りさせていただきました。

【いらなくなった切手は査定に出そう】
切手は「切符手形」の略称。手形の名のとおり金銭的な価値があるもののため、ただ処分するのはもったいないです。いらなくなった切手は以下のように活用することができます。

1:使う
戦後に発売された切手には使用期限がありません。そのため古い記念切手でも郵便物を送るために問題なく使用できます。ちょっともったいない気がしますけどね。

2:交換してもらう
いらなくなった切手を郵便局に持って行っても払い戻し、換金はしてもらえませんが、値段に応じた各種はがきと交換してもらえます。(この際は1枚につき5円の手数料がかかる)その他には郵便書簡やレターパックなどの特殊封筒との交換も可能です。
覚えておくといざという時に役立つテクニックです。

3:売る
金券ショップや専門店に持ち込めば買い取ってもらえます。これが一番オススメの方法です。
ただし、今回の特殊切手帳のようにそれほど価値がないものはただ引き取られるだけであったり貴重な品であってもスタッフの見落としで二束三文で買取られてしまうこともあるなど売る場所もしっかりと吟味する必要があります。

自分が今使っていない物に値段が付けば嬉しいもの。それならとりあえず売りに出すのが最適ですが、お客様の持っている切手の量が多すぎて持ち出すのが大変だったり、もう必要ないから処分してもらいたいという場合は当社にご連絡ください。
処分目的の場合でも念のため全ての切手を調べて価値がある物はその場で買取りさせていただきます。
神奈川県内なら全エリアに伺えますのでご都合の良い日程をお知らせください。迅速に駆けつけ、対応させていただきます。

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ