• example

    買取事例の紹介

    example

2019.08.29

愛知県名古屋市にてHERMES PARIS スカーフの買取をいたしました。

買取画像

ブランドスカーフの買取りとハイブランドアイテム買取Q&A!

こんにちは。不用品回収リングです。

先日、【EQUIPAGES HERMES PARIS スカーフ】を5,500円にて買取いたしました。
こちらは有名ブランド「エルメス」のスカーフです。シルク素材のつややかな光沢と手触りは高級感バツグン。巻く場所を工夫すれば手軽にアクセントを加えられそうですね!
ファッションに気を使う方なら一度は憧れるアイテムではないでしょうか。

【ハイブランドスカーフは査定してもらう場所が大事!】
使い勝手が良く、素材や模様で使い分けることのできるスカーフは、こだわる方なら何十枚も持っている方もそう珍しくありません。しかし、その中で普段使いするものはある程度決まってきて、中には買ってから全く使っていないスカーフも何枚かあるのではないでしょうか?そういう仕舞いっぱなしのスカーフは思い切って売ってしまうのがおすすめです。

当社ではスカーフの買取りも多く承っており、中でもエルメスのようなハイブランド品の査定を多く経験してきました。そのため、ブランドスカーフの査定に関する知識や経験から独自のノウハウを身に付けてきました。
そこで、過去のスカーフ買取事例からいくつか例をあげてみたいと思います。査定に出すものを選ぶ参考になればと思います。


【事例1:シミがあるけど売れる?】
スカーフは肌に直接当てて着用するものなので皮脂や化粧品などの汚れを受けやすいアイテムで、洗いそびれると大きなシミになってしまうこともあります。
シミが出来てしまった場合はいくらエルメスのスカーフでも売れない…ということはありません。人気の型や模様はシミ付きでも買取になる場合があります。
当社では「比較的目立たない位置にシミが出来ている」「その当時の最新のモデルである」という2つの理由からシミつきでも買取対応にしたことがあります。


【事例2:かなり年季が入っているのですが…】
ご依頼主の祖母から代々受け継がれてきたエルメスのスカーフ。当然年季が入っていて若干のヨレがありましたが、問題なく買取することができました。
「使い古した」というよりは「ヴィンテージ」という言葉が似あうような、大事にされてきたことが見ただけでわかるような状態だったのです。


【事例3:HERMES?】
査定したところ、残念ながらエルメスの偽ブランドであることがわかった例もありました。偽物とは言えども非常に精巧に作られていたのですが、纏り部分が正規品とは反対になっていたことから正体を見破れました。
残念ながら、偽物であった場合は買取することはできません。


多少の汚れや劣化があってもスカーフ本来の“価値”で買取が可能になることもあるのです。自分の判断だけで見限らず、まずは査定のプロに見せてみるのが高価買取への近道です。
大切な品物を心を込めて丁寧に査定いたします。まずは一度お電話ください。

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ