• example

    買取事例の紹介

    example

2019.08.29

東京都新宿区にてヨネザワのブリキ車の買取をいたしました。

買取画像

貴重な品物は見逃しません!

こんにちは。いつも当社の買取事例ブログをお読みいただきまして誠にありがとうございます。不用品回収リングです。

夏休みももうすぐ終わり…と書こうとしたら、都内では26日には新学期が始まっていたみたいですね。私には夏休みは全く無縁のものになってしまいましたが、8月が後半に差し掛かると今でも寂しい気持ちになってしまいます。ノスタルジーってやつでしょうか。

今回の買取品はノスタルジックな雰囲気な一品。写真の【車の模型】です。
こちらを50,000円で買取させていただきました。
一見何の変哲もないこの車がここまでの高額買取になったのには理由があります。実はこの車、ブリキで出来ているのです。

ブリキの歴史は古く、明治時代にまでさかのぼります。主に缶やバケツに用いられる素材だったのですが、昭和初期ごろにはこのブリキでロボットや船、飛行機などを形作った【ブリキのおもちゃ】が流通するようになりました。しかし、より加工が簡単なプラスチックの登場でブリキ製のおもちゃは衰退していくことになりました。
時は進んで平成~令和。ブリキの質感から感じられるレトロな雰囲気に魅せられた専門のコレクターが現れ始め、当時製造されていたおもちゃにはプレミアがつくようになりました。

ずいぶんともったいつけましたが、あらためて紹介するとこの車は【ヨネザワのブリキ車】です。この“ヨネザワ”はかつて存在した玩具メーカー。精巧な作りでマニアからも熱い注目を浴びるメーカーです。ちなみに、ヨネザワのブリキシリーズには車の他にも初代仮面ライダー、鉄人28号など当時を知る人から見れば垂涎のラインナップが揃っています。

今回ご依頼いただいたお客様はこのおもちゃにプレミアがついていることに気が付いていなかったようで、他の品物といっしょに不用品として回収をお願いされました。
品物の確認中にこの車からただならぬオーラを感じたスタッフが調べてみなければ回収のち処分となるところでした。マニアからすれば絶句しそうな状況ですが、これは意外とよくあること。ずっと家に置いてあったものだとその品物の本当の価値があやふやになってしまいがちなのです。
そしてそんなもったいない状況が起きないように当社では不用品として回収を依頼されたものでも今一度価値がないか確認し、可能であれば買取を行えるように注意を払っています。

このような貴重な品物を見逃さないように当社では日々“見る目“を磨いています。皆さまの家の不用品も意外なお宝に化けるかもしれません。これぞ!と思うものがあればぜひ一度当社にご連絡ください。

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ