• example

    買取事例の紹介

    example

2019.08.21

宮城県名取市にてヘッドホン【Beats by Dr.Dre STUDIO WIRELS B0501】の買取をいたしました。

買取画像

ヘッドホンをほぼ新品の状態に復活させて高価買取を狙う方法

みなさまこんにちは。いつも当社の買取事例ブログをお読みくださいましてありがとうございます。不用品回収リングです。

今回の買取品はワイヤレスヘッドホン【Beats by Dr.Dre STUDIO WIRELS B0501】です。付属品もしっかりと揃っており新品に近い状態だったため買取りとさせていただきました。
使い倒したヘッドホンも売れないわけではないのですが、より高値で買取対応を希望するなら今回のようにほぼ新品の状態にして出品することをおすすめします。

【ほぼ新品を目指すヘッドホンの手入れ方法】
先ほども出てきた“ほぼ新品”というのは中古品でありながらも新品のように状態が良い品物のことを指し、中古市場でも商品のジャンルを問わず人気があります。ヘッドホンは直接頭部につけて使う道具のため、どうしても汚れがついて中古感が出てしまうもの。しかし、きちんと手入れをすることで新品のころの状態に近づけることができます。


【イヤーパッド】
耳にあてるスポンジ部分のことをイヤーパッドと言います。この部分は革で出来ていることが多いうえ、直接肌に触れる場所のため汚れが付きやすい場所です。この汚れの原因は皮脂や汗なのでお湯を固めに絞ったタオルで簡単にふき取ることができます。

それでも落ちないこびりついた汚れはアルコールでふき取るといいのですが、素材によってはシミになったりして生地を傷めてしまうことがあるので、こちらも素材と相談になるのですが、イヤーパッド自体を取り外して水道で手洗いして陰干しするという手もあります。


【イヤーカップ】
イヤーパッドの逆側。普段手に持つ固い部分のことです。
ここには指紋がつきやすいのでイヤーパッドと同じようにお湯で固く絞ったタオルでふき取っておきましょう。


【ヘッドバンド】
ふたつのイヤーパッドをつなぐヘッドバンドも髪の油分などで汚れやすい場所。イヤーパッドを掃除するついでにタオルで拭き取っておきましょう。


【プラグ】
再生機器とヘッドホンをつなぐ端子の部分のこと。音楽を聴いているときにノイズが混じったり音質がぼんやりする場合はここを掃除すれば大抵は治ります。
メガネ拭きのような柔らかい布でやさしく拭いて、それでもよくならない場合はホームセンターなどで買える接点復活剤を塗って拭き取ることでもとの音質を取り戻せます。

査定時の動作確認でノイズを確認すると買取価格にも影響が出ることがあるので、忘れずに確認してくださいね!

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ