• example

    買取事例の紹介

    example

2019.07.25

大阪府北区にてカメラの保存庫の買取をいたしました。

買取画像

大事なのは中身だけじゃない!入れ物にも価値があることも!?

おはようございます。不用品回収とリサイクルの不用品回収リングです。

当社は不用品回収をメインに承っていますが、買取も積極的におこなっています。買い取るジャンルも幅広く、言ってしまえば需要があって価値があるものなら何でも買い取る事が可能です。
その点を踏まえて今回の買い取り品をみていただきたいのですが、皆様にはこれは何に見えますか?

正解は【カメラの保存庫】です。こちらを買取りさせていただきました。
私は今回の買い取りで、カメラをしまうため専門の保管庫があることを始めて知りました。本体やアクセサリーなど機材の置き場所になるだけでなく、レンズ部分に発生するカビの原因となる湿気を取り除く働きがあるのだそうです。そうなんです。ガラスで出来ているレンズにもカビが生える事があるのだそうです。知ってました?

レンズにカビが生えると写真自体がピンボケしたようなぼんやりした写りになってしまいますし、発生してしまったカビを除去するには1回につき1万円ほどの修理費が必要になってしまいます。それでも一度カビが生えたレンズには菌が残り、再発する可能性が高まるのだそうです。そのため、そもそもカビを生やさないための対策が必要になってきます。そこで保存庫の出番というわけです。

今回ご依頼いただいたお宅にお見積りに伺ってこの保管庫を見せてもらったとき、私は一瞬ワインセラーかと思いました。それほどシックな佇まいをしていたのですが、よく見ると中にはレンズやカメラがぎっしりと入っていました。父の形見だという中身を回収して残った保存庫は不用品として回収してほしいという依頼だったのですが、保存庫の状態の良さとニッチなジャンルではあるが確かな需要があると我々スタッフが判断した結果、買取での引取となりました。その旨をお客様に伝えたところ、保存庫にまで値段が付くとは思わなかったと驚かれていました。
カメラやレンズに値段がつくのはわかりやすいですが、今回の保存庫やカメラ専用のバッグなど、付属品にも値段がつくことがあるという一例を示す買取事例でした。

今回のお客様のように回収してもらう目的で出品した不用品にも意外な値段がつくことがあるので、ただ処分してしまう前に一度当社でお見積りさせてください。
その品物の価値と可能性を追求して査定をいたします。

大阪府内であれば不用品回収の見積もりは無料でおこなっております。

ご連絡お待ちしております。

一覧に戻る

各種クレジットカードもご利用いただけます
各種クレジットカードもご利用いただけます
万が一の際には損害補償保険
不用品回収リング TOPページ